新規パスワード作成でGoogleアカウントのセキュリティを強化する方法

- スポンサードリンク -

Googleアカウントのセキュリティを強化する

Googleアカウントのセキュリティを強化するには、安全なパスワードを作成し再設定用の情報を更新することが大事。

安全なパスワードを作成することで、個人情報をはじめメールやファイル・その他のコンテンツなどを保護し、他人がアカウントにアクセスできないようにします。

安全なパスワードを作成するには以下のことが大事になります。
自分で覚えやすく、他人にわかりにくいパスワード
12文字以上(半角英数字・記号ASCII標準文字のみ)の長いパスワード
個人情報・一般的な単語を使わないパスワード

また、以下のようなパスワードは使用することができません。
現在のアカウントで以前に使用したことのあるパスワード
安全性の低いパスワード(abc123などの単純なもの)
● 始めまたは終わりがスペースで終わるパスワード

安全なパスワードを作成するコツ

パスワードは12文字以上・半角英数字・記号(ASCII 標準文字のみ)で作成します。

【覚えやすくて長いパスワードを作成】
安全性の高いパスワードを作成するには、自分が覚えやすいものにするのはもちろん、12文字以上のなるべく長いパスワードを作成しましょう。

長いパスワードは忘れてしまいそう」という方は
● 好きな歌の歌詞の一部
● 好きな映画のセリフや本の文章
● 自分にとって大切にしている言葉
などをヒントに作成すれば、忘れる心配が少なくなるかと思います。

忘れるからメモを取るという方は必ず他人に見つからない場所に保管しましょう。

【個人情報や単純な単語は使用しない】
名前」や「誕生日」・「電話番号」などの個人情報を使用したパスワードの作成は厳禁!
また「1234」や「abcd」など、誰にでも推測されやすい単純な文字を使用したパスワードは作成しないようにしましょう。

【作成したパスワードは使い回さない】
作成したパスワードは使い回さないようにしましょう。

メールやネットバンキングなど他のアカウントも1つのパスワードで統一してしまうと、万が一パスワードが漏れた場合、メールの内容や連絡先・お金などすべてに被害が及ぶ場合もあります。

重要なアカウントには個別にパスワードを作成しましょう。

他人にパスワードを取得されてしまった場合

他人にパスワードを取得され、不審なアクティビティが検出された場合は以下の再設定用情報を追加してみましょう。

【メールアドレスを追加する】
再設定用のメールアドレスを追加するには
● Googleアカウント→左側のナビゲーションパネルから個人情報】を選択
【連絡先情報】パネルで【メール】を選択し【再設定用のメールアドレスを追加
から再設定用のメールアドレスを追加しましょう。

【電話番号を追加する】
再設定用の電話番号を追加するには
● Googleアカウント→左側のナビゲーションパネルから【個人情報を選択
【連絡先情報】パネルで【電話を選択し【再設定用の電話番号を追加
から再設定用の電話番号を追加をしましょう。

再設定用情報は
● パスワードを忘れたとき
● ログインできないとき
● 他人にパスワードを知られたとき
など、アカウントを復元・取り戻す際に必要になります。

自分だけがわかる覚えやすくて長いパスワードを作成し、Googleアカウントのセキュリティ強化をおこないましょう。

《ピックアップ記事》
YouTubeの再生画面が真っ黒になった時の対処法

「Wi-Fiには有効なIP構成がありません」と表示されたときの対処法

ブラウザに保存したパスワードを確認・削除する方法

- スポンサードリンク -