格安SIMでモバイルルーターを使う【メリット・デメリット】とは?

投稿日:

- スポンサードリンク -

格安SIMでモバイルルーターを使うメリットとデメリット

外出先でパソコンやタブレット・スマホなどを使用する際、【モバイルルーター】を一緒に持ち歩いている方も多いかと思います。

大手3大キャリア(au / docomo / softbank)などからはモバイルルーターの提供はされていますが、格安SIMの場合提供されていない場合もあります。

そもそも格安SIMでモバイルルーターを使うことができるのか?
格安SIMでモバイルルーターを使うメリットとデメリットは何なのか?

モバイルルーターとは

モバイルルーターとはインターネットに接続するための小型で軽量な通信端末

自宅でも外出先でも、時間と場所を選ばずにインターネットに接続できます。
バッグに入るくらいの大きさなので、持ち運びも楽チン。
据え置き型のWi-Fiルーターのように工事の必要はなく、接続したい端末と一緒にモバイルルーターを持ち歩くだけで、どこでもインターネットに接続することができます。

複数台の端末を同時に接続できるので、パソコンやゲーム・スマホを同時にインターネットに接続することができます。

格安SIMでモバイルルーターを使う【メリット】

家でも外でも便利に使えるモバイルルーター。
そんなモバイルルーターのメリットをご紹介します。

《契約期間の縛りがない》
大手携帯電話会社と違い、格安SIMのデータ専用プランには契約期間の縛りがないことが多く、好きな時に始めて好きな時にやめることができます。
契約時の事務手数料などはかかりますが、解約時の違約金などはかからないところがほとんどのようです。

《月額料金が安い》
データ量・通信速度などによって比較しにくい部分もありますが、大手携帯電話会社と比較するとデータ通信料が安く設定されています。
データ容量も細かく設定されているため自分のプランにあったものを選べるので、月額料金を抑えることができます。

格安SIMでモバイルルーターを使う【デメリット】

格安SIMでモバイルルーターを使う際のデメリットには以下のようなものがあります。

《通信速度》
回線が混み合う時間に通信速度が遅くなる場合があるため、通信速度を重視する方にとってはデメリットとなります。
通勤・退社時間やお昼休みなどは回線が混み合うことも多いので、その時間帯などに速度が下がりやすいといわれています。

《各種設定は自分でおこなう》
格安SIMキャリアのルーターを使用する際には必要ありませんが、自分で用意した端末を利用する場合にはモバイルルーターを使用するための各種設定が必要となります。

格安SIMでモバイルルーターを使うときの注意点

《SIMロックの解除》
大手携帯会社でモバイルルーターを購入した場合同じ回線を使う場合は使用可能ですが、異なる回線のルーターとSIMを使う場合はSIMロックの解除が必要となります。

携帯電話会社によっては解除するための手数料が発生する場合があります。

店頭・ショップでSIMロックを解除する場合手数料がかかりますが、携帯電話会社のウェブサイトから手続きをし自分で解除すれば手数料はかかりません。

ほとんどはスマホから解除することができるようですが、携帯電話会社によってはパソコンからのみ受け付けているところもあるので、ウェブサイトで確認してみるのがいいかと思います。

《ピックアップ記事》
各キャリアでLINEの年齢認証をする方法

家の中でなくしたスマホをパソコンから探す方法

サイレントモードで特定の相手からだけの着信を鳴らす方法

- スポンサードリンク -