友だち・公式アカウントなどのトークを【フォルダー別】に表示する方法

投稿日:

- スポンサードリンク -

友だちやグループ・公式アカウントなど、トークルームを見やすく整理したいときに便利なのが【トークフォルダー機能】。

友だち】【グループ】【公式アカウント】【オープンチャット】の4つのカテゴリーで部類することができます。

今までバラバラに並んでいたトークルームを整理すれば、すっきり見やすくなり友だちやメッセージが探しやすくなります。

注意点

【トークフォルダー機能】はLINE Labsにて提供されているため、予告なく利用できなくなる場合があります
※LINE Labsとは、リリース前のLINEの新機能をいち早く試すことができる機能

【トークフォルダー機能】を設定する

ホーム画面から【設定】をタップし基本設定の【LINE Labs】をタップ

●【トークフォルダー】のスイッチを【オン】またはチェックボックスにチェックを入れる

上記の手順でトークフォルダーの設定は完了です。
さっそくフォルダー別に分類されているか確認してみましょう。

【トークタブ】を開くと、画面上部に【すべて】【友だち】【グループ】【公式アカウント】【オープンチャット】のトークフォルダーが表示されています。

【すべて】
友だちやグループ・公式アカウントなどすべてのトークルームが表示されるフォルダー

【友だち】
1:1でトークしている友だちとのトークルームが表示されるフォルダー

【グループ】
3人以上の複数人でトークしているトークルームが表示されるフォルダー
※トークルームがないフォルダーは非表示となっています

【公式アカウント】
友だちに追加・登録しているLINE公式アカウントのトークルームが表示されるフォルダー
※友だち登録しているLINE公式アカウントがない場合は非表示となっています

【オープンチャット】
自分が参加しているオープンチャットが表示されるフォルダー
※オープンチャットに参加していない場合は非表示となっています


それぞれのカテゴリーに該当するトークルームが自動で振り分けられていますので、タップして確認しましょう。

【新着メッセージが届いた場合】
新着メッセージが届くと、フォルダーの右上に【緑色の丸】の通知マークが表示されます
※【すべて】のフォルダーを表示している場合は通知マークは表示されません
※通移マークの付いたフォルダーを開くと、既読・未読に関係なく緑の通知マークは消えます

友だち・公式アカウントなど、いろんなトークルームに埋もれてしまっていた友だちとのトークルームを探すのにひと苦労されていたという方などにもおすすめの機能ですので、ぜひ活用してみてください♪

《ピックアップ記事》
LINEのプロフィールを自由にアレンジしてデコレーションする方法

LINEのホーム画面のニュースタブを【通話タブ】に変更する方法

LINEの【自動通訳機能】の使い方

- スポンサードリンク -