《iPhone》指紋認証(TouchID)・顔認証(FaceID)を一時的に無効にする方法

- スポンサードリンク -

ドラマや映画などでもよく見かけますよねぇ。

浮気を疑われ携帯をこっそり見られる」という場面。

それこそ寝ている間に指をこっそり指紋認証センサーにあててスマホのロックを解除したり、ぐっすり就寝中に瞼をそっと指で開いて顔認証させるなど「ちょっとそれは不可能に近くない?」という場面もありますが。

見られても困るものがなければロックをかけたりすることもないですが、個人情報がいっぱい入ったものですので浮気をしていなくても「見られたくない」という方がほとんどではないでしょうか。

もちろんロックをかけることは浮気疑いだけではなく、紛失した際に勝手に使われて被害にあわないようにという意味もありますよね。

今回は、寝ている間に勝手にスマホを操作されたくないというかたに【指紋認証(TouchID)・顔認証(FaceID)を一時的に無効にする方法】をご紹介します。

《iPhone》指紋認証(TouchID)・顔認証(FaceID)を一時的に無効にする方法

ご紹介するのは【寝る前に生体認証をオフにする】方法。
つまり指紋認証(TouchID)・顔認証(FaceID)をオフにすることでロック解除のパスコードを入力しない限り、勝手に操作することができないというワケです。

デメリットとしては毎日スイッチのオフ・オンを切り替えるのが面倒・ついついオフにするのを忘れてしまうという点があります。
また、パスコードを誕生日や記念日など分かりやすいコードにしておくと解除される場合もあり得るので、あらかじめ解りにくいパスコードに設定しておくなどの注意も必要かと思います。

生体認証をオフにする方法は以下の通りです。

《寝る前に生体認証をオフにする》
●【設定】を開き【Touch IDとパスコード】をタップ。

●【iPhoneのロックを解除】のスイッチを【オフ】にすればOK

上記のほかにも、
寝る前にiPhoneを再起動しておくか電源オフにする
という方法でもロックを解除するにはパスコード入力を求められるので、指紋認証(Touch ID)・顔認証(Face ID)でロックを解除される心配を防ぐことができます。

疑わしきことがなかったり相手のことをお互いに信頼しあえれば、勝手にスマホを「見る」「見られる」という行為にも及ばなくなると思いますが・・・この問題はなかなか難しいですねぇ。

《ピックアップ記事》
iPhoneで時間指定をしてブルーライトをカットする方法

iPhoneのホーム画面にLINEのトーク・通話のショートカットを作成する方法

マスクをしたままFace IDで顔認証する方法

- スポンサードリンク -