ソフトバンクのまとめて支払いから【PayPay】にチャージする方法

- スポンサードリンク -

スマホで簡単に支払いができる決済アプリ【PayPay】。
コンビニやスーパー・ネットショッピングや飲食店などさまざまなシーンで決済ができるので利用している方も多いのでは??

決済アプリが出始めた当時は銀行口座やクレジットカード情報を登録してチャージするものが多かったように思いますが、最近ではスマホのまとめて支払いでのチャージにも対応しています。

そこで今回はソフトバンクの【まとめて支払い】を利用してPayPayにチャージする方法をご紹介します。

ソフトバンクの【まとめて支払い】と【PayPay】を連携させるだけでOKなので設定も簡単。
連携させることで利用した分の代金はスマホの料金とまとめて請求されます。

まとめて支払いを利用してチャージすることにより、クレジットカードの情報などを登録する手間も省けクレジットカードを保有していない方・お子さまでも利用できます。

「子供も使えるとなれば少し心配」

と思う方もいらっしゃると思いますがご安心を。
年齢や契約期間によって利用できる金額の上限が定められているので、使いすぎる心配もなし!

ではさっそく、【まとめて支払い】と【PayPay】を連携させてチャージする方法の手順をご紹介します。

ソフトバンクの【まとめて支払い】と【PayPay】を連携させる

まずはスマホに【PayPay】のアプリがインストールされていることが条件。
最近では契約時にインストールさせられることが多いのですが、まだインストールされていない方はインストールしてから手順に進んでください。

《連携手順》
●【PayPay】アプリを開き画面右下の【アカウント】をタップ。
●【外部サービス連携】をタップし【サービス連携】の中の【ソフトバンク・ワイモバイル】という項目を確認。
2020-0909-1.png
●【連携済み】になっていない(未連携)の場合は【ソフトバンク・ワイモバイル】の項目をタップし、画面の指示に従って連携の設定を完了させてください。
2020-0909-2.png

ソフトバンクの【まとめて支払い】と【PayPay】の連携は以上で完了です。

使用者年齢別【利用可能額】

ソフトバンクの【まとめて支払い】では、《使用者年齢》によって1か月間あたりの利用可能額が設定されています。
※1か月間とは毎月の携帯料金の起算日・締切日と同じです
《使用者年齢》
使用者年齢とは、契約時に【使用者情報】として登録した生年月日で判断されます。
※親御さんの生年月日を【使用者情報】として登録している場合は限度額も大きくなってしまいますので、スマホをお子さまが使用している場合は使いすぎに注意してください。

《利用可能額》
満12歳未満 【最大2,000円 / 月
満20歳未満 【最大20,000円 / 月
満20歳以上 【最大100,000円 / 月

「あっ、お財布忘れちゃったしチャージもしてない!!」
なんてときも【まとめて支払い】を利用すればスマホひとつでチャージから支払いがまで完了しますので、気になっている方はぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

《ピックアップ記事》
Google マップ使用中に音楽アプリを操作する方法

サイレントモードで特定の相手からだけの着信を鳴らす方法

駅の券売機でLINE Pay残高をチャージする方法

- スポンサードリンク -