タイマーを設定してYouTubeを自動停止させる方法

- スポンサードリンク -

タイマーを設定してYouTubeを自動停止させる方法

眠れない夜、YouTubeで音楽や動画などを見ながら寝落ちしてしまうなんてことありませんか?
朝起きてみたら音楽や動画を流しっぱなし・・・。
バッテリーが残りわずかだったり、Wi-Fiがない場合は通信量も心配になりますよね。

しかしYouTube自体にはタイマー機能がありません

そこでアプリまたはスマホ本体の機能を使って【YouTubeを自動停止させる方法】をご紹介します。

スマホ本体の機能を使ってYouTubeを自動停止させる方法

※こちらの方法はiPhoneでの設定方法となります。
 iPadでも設定が可能です。

● ホーム画面から【時計】アプリを起動し画面下の【タイマー】をタップ。

● ここでYouTubeを自動停止させる時間を設定し、画面下の【タイマー終了時】をタップ。

● タイマー終了時画面の一番下【再生停止】を選択し【開始】をタップ。

これで設定した時間にYouTubeを自動停止することができます。
コントロールセンターにも【タイマー】ボタンがあるので、そちらからでもOK!

アプリを使ってYouTubeを自動停止させる方法

こちらはAndroidでのタイマーの設定方法です。

Androidにも時計アプリにタイマーの機能は存在しますが、iPhoneやiPadのように音楽や動画の再生を停止させる機能は備わっていません

なのでAndroidでYouTubeを自動停止させるには、Google Playの【スリープタイマー(Sleep Timer)】というアプリを組み合わせて使用してみましょう。

【スリープタイマー(Sleep Timer)】とは

YouTubeをはじめ、Google Play MusicやSpotifyなどその他にもたくさんのミュージックプレイヤーで使用が可能。

使い方も簡単で音楽をスタートさせたらカウントダウンタイマーをセットするだけ
タイマー時間が終わりに近づくにつれ音楽の音量がどんどん小さくなっていき、タイマーが終わると音楽も止まります

これで朝まで音楽や動画が流れっぱなしになるのを防げるのでバッテリーの消耗も安心!
※いくつかの音楽アプリでは音楽を停止することができず、ミュートになるだけの場合もありますので確認して使用してください

スマホをアンロックしていない状態であれば、スマホを振るだけでタイマー時間の延長も可能。
タイマーした時間では眠れない時などに便利な機能です。

睡眠は体にも心にもすごく大事なこと。
少しでも快適な眠りにつけるように、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。

《ピックアップ記事》

【低電力モード】でスマホのバッテリー消費を抑える方法

スマホからパソコンを遠隔操作する方法

LINE経由で写真やPDFファイルをコンビニで印刷する方法

- スポンサードリンク -