【iOS / Android】LINEで既読をつけずにメッセージを読む方法

投稿日:

- スポンサードリンク -

LINEの既読機能。

送信した側にとっては【既読】がつくことで送信したメッセージを相手が確認してくれたことがわかって安心します。

しかし送信者の中には返信を強要する人やメッセージを受け取った側も「早く返信しなきゃ・・・」とストレスに感じてしまう場合もあります。

そんな時ふと思うのは
「既読をつけずにメッセージを確認したい」
「すぐには返信できないけど、内容だけ確認したい」

そこで今回は、というか今さらな感じですがiOS / Androidで【既読をつけずにメッセージを読む方法】をご紹介します。

既読をつけずにLINEのメッセージを読む方法

既読をつけずにメッセージを読む方法は3つあります。
トークルームを長押しする(iOS)
機内モードにしてメッセージを読む(iOS / Android)
通知にメッセージ内容を表示するように設定する(iOS / Android)

トークルームを長押しする (iOS)

iPhone 6s / 6s Plus以降(3Dタッチ機能)のスマホをお持ちのかたができる方法です。

トーク画面に移動し、既読をつけずに読みたいメッセージのあるトークルームを【長押し】
このとき誤ってトークルームを開いてしまうともちろん既読がついてしまいます。
トークルームは【開かずに長押し】してくださいね。

長く押し続けるとトークルームを開いてしまう可能性もあるので注意しましょう
※過去にさかのぼってメッセージを読むことはできません

追記:3Dタッチ対応機種じゃなくても、iOS13を搭載していればこの機能が使えるようです。

機内モードにしてメッセージを読む (iOS / Android)

こちらはiOS / Android 共通の方法です。
Wi-Fiはオフにしておきましょう

LINEメッセージが届いたら、LINEアプリを開く前にまず【機内モード】をオンにします。
機内モードをオンにした状態でLINEアプリを開けば、既読をつけずにメッセージを読むことができます。

《メリット》
この方法のメリットはメッセージを全文読めること。

《デメリット》
デメリットは、LINEアプリを終了せずに機内モードをオフにすると既読がついてしまうこと。
Wi-Fiを切る・必ず機内モードをオンにしたあとにLINEアプリを開くなど手順が多すぎる
機内モード解除後のLINEアプリ起動時には必ず既読がつく
Androidの場合、機内モードをオフに戻した時点で既読がつく

上記のように機内モードをオンにすれば既読をつけずにメッセージを全文読むことができますが、一時的に既読にならないだけでiOSは機内モードをオフにしたあとLINEを開いた時点・Androidは機内モードをオフにした時点で既読がついてしまうというわけです。

通知画面でメッセージを表示させる (iOS / Android)

最後の方法は通知のポップアップ画面でメッセージを表示させる方法です。
※iOS / Android共通

《設定手順》
LINEのホーム画面の【設定】から【通知】を選択しメッセージ通知の内容表示】をオンにすれば、通知でメッセージ内容が確認できるようになります。

《注意点》
この方法では長文を読むことはできず、読めるのは2行程度となります。
通知の設定はLINE側だけでなく端末の側の設定も確認する必要がありますので、必ず端末の【設定】→【通知】も確認しましょう。

「どうしても今は既読をつけたくない」
「すぐに返信出来ないから既読をつけたくない」
など【既読をつけたくない】理由はひとそれぞれ。

上記のような方法で既読をつけずにメッセージを確認することも可能なので、手順や操作方法に注意して少しでもストレスを減らしたいですね。

- スポンサードリンク -