手書きしたメモや議事録をデジタル化するペン【ネオスマートペン M1】

- スポンサードリンク -

会議・打ち合せなどの内容を手書きでメモして、のちのちパソコンに打ち込むという方もまだまだ多いのではないでしょうか。
メモした内容をさらにパソコンに打ち込むとなると時間もそれなりにかかりますよね。

そんな手書き派の方にはうれしいペンが【ネオスマートペン】。

このペンは手書きしたメモや議事録・イラストなどをデジタル化してくれる便利なペンなんです。

Neo smartpenの詳細はコチラ

手書きメモなどをデジタル化する【ネオスマートペン M1】

専用アプリ『Neo Notes』(iOS / Android™ / Windows 対応)を使用し、手書きしたメモなどをデジタル化
また、One Note / Evernote / Googleドライブなどに自動アップロードすることもできます。

Neo Notesのアプリ内では、デジタル化したテキストをキーワード検索したり音声の記録も可能
お仕事の会議などだけではなく、授業などでも活用できます。

一般的なペンと同じくらいのサイズなので使い勝手もよし!

Auto Power On / Off 機能が搭載されているので、キャップを外すだけで自動で電源が入ります。
逆にキャップを閉じると電源が切れるようになっているので、バッテリーの消費を抑えてくれます。

そんな【ネオスマートペン M1】の仕様は以下の通りです。

【ネオスマートペン M1】製品仕様

《対応環境》
Android Kitkat 4.4以上 / BT 2.1以上 / iOS 8.1以上 / BT 4.2以上

《通信方法》
Bluetooth 4.2(CLASSIC / BLE)

《メモリ》
100MB内蔵メモリ

《バッテリー》
充電式 Lithium Polymer バッテリー3.7v / 280mAh

《充電》
Micro USBケーブル

《充電時間》
約90分

《待機日数》
125日

《連続使用》
6時間

《寸法》
長さ149.6mm / 厚さ10.4~10.9mm / 重さ17.4g
※キャップを除く

《カラー》
5色(BLACK / RED / NAVY / GRAY / YELLOW)

《芯》
D1標準タイプのボールペン芯

《オフラインモード》
A4サイズ約1000枚の保存が可能

Ncode™テクノロジー

目に見えない微細な線と記号で成るコード【Ncode™テクノロジー】が使用されています。

専用のノートにスマートペンで書くことで、スマートペンがノートに書かれたコードを認識。
認識されたコードはデータ化されてスマートデバイスに転送されることで、筆記を確認することができます。

Neo smartpen詳細はコチラ

- スポンサードリンク -