LINE Payの利用状況がひと目でわかる【利用レポート】機能

投稿日:

- スポンサードリンク -

LINE Payの残高履歴機能がリニューアルされ、2020年4月6日より
利用状況がひと目でわかる【利用レポート】機能が登場しました。

LINE Payの【利用レポート】機能とは

【利用レポート】機能とは、
LINE Payを利用している方なら誰でも使える便利な機能。

● いつ
● どのくらい使ったか
● 利用した物の分類
● ポイントの獲得状況
など、LINE Payでの利用状況をいつでもわかりやすく把握することができます。

【利用レポート】にはその他にも
LINE家計簿との連携
LINE PayとLINE家計簿を連携させる方法
● カレンダー
● 入出金
などの機能も備わっています。

そこで今回はそんな【利用レポート】機能の使い方や
その他の便利な機能の使い方をご紹介します。

【利用レポート】機能の使い方

※画像はAndroid端末で操作したものです

《LINEアプリの場合》
ウォレット】から【LINE Pay残高】→【利用レポート】の順にタップ。
(Androidの場合は残高の下にある【利用レポート】をタップ)
2020-0511-1.png 2020-0511-2.png

LINE Payの入出金は下図のような折れ線グラフで表示され、
獲得したポイントは棒グラフで表示されます。
2020-0511-3-1.png 2020-0511-4.png

《LINE Payアプリの場合》
LINE Payアプリを起動し、右下の「三(その他)」をタップ。
メインメニューが表示されますので【利用レポート】をタップすると
LINE Payの利用状況を確認することができます。

【カレンダー】機能

利用レポートに備わっている【カレンダー】機能では
日付ごとに入金・出金が表示されますので、
お金をいつ・どれだけ使ったかがすぐに分かるようになっています。
また、日付をタップすれば選択した日の詳細ページが表示され、
より細やかな収支状況の確認が可能です。
2020-0511-5.png 2020-0511-6.png

詳細ページでは「計算から除外」という機能を使うことができ、
利用分をレポートに含めたくないときに活用できます。

【入出金】機能

入出金機能では
月全体の収支
日付毎の利用分の表示
などの利用状況を確認することができます。
入金・出金、それぞれの利用状況を確認することができます。
2020-0511-7.png

【カテゴリー】機能

カテゴリー機能では、食費・光熱費・交通費・趣味など
カテゴリー別での利用状況が確認できます。

何にいくら使ったかはカテゴリー別に色分けされた円グラフで表示され、
入出金した金額は円グラフの下にカテゴリー別で表示されます。
2020-0511-8-1.png

カテゴリー分けされた履歴をタップすれば、カテゴリーの分類の変更や
レポートに含みたくない利用分を計算から除外することができます

【まとめ】
LINE Payの利用【利用レポート】機能とLINE家計簿を連携すれば
LINE Pay以外で使用している銀行・クレジットカード・現金
での支払いなどの管理もまとめて把握することが可能になり、
さらにしっかり資産管理・家計管理をすることができます。

関連記事

LINE PayとLINE家計簿を連携させる方法

LINE Pay【チャージ&ペイ】機能の設定方法・使い方

LINE Payの利用限度額アップさせる方法

- スポンサードリンク -