iPhone版LINEでiCloudにトーク履歴をバックアップする方法

投稿日:

- スポンサードリンク -

機種変・買い替えなどで新しい端末にLINEのトーク履歴を引き継ぐには、事前にトーク履歴をバックアップしておく必要があります。

そこで今回はiPhone版LINE(バージョン6.4.0以上)で【iCloudにトーク履歴をバックアップ】する方法をご紹介します。

iColudにトーク履歴をバックアップしておくことで、新しいiPhoneに買い替え・機種変しても過去のトーク履歴を引き継ぐことができるので、大切なメッセージや消したくないメッセージを残しておきたい場合は事前にiCloudへバックアップすることをオススメします。

iCloudにトーク履歴をバックアップする方法

iCloudにトーク履歴をバックアップするには以下の条件が必要です。
● LINEバージョン6.4.0以上
● iOS 8.1以上
● iCloud Driveをオンにする
【注意】
トーク内の画像やスタンプはバックアップ・復元ができないのでアルバムやKeepに保存するようにしましょう

【データ利用量を抑えるために】
データの利用量を抑えるために、【モバイルデータ通信】をオフにしておくのがおすすめ
iPhoneの【設定】→【iCloud】→【iCloud Drive】の順に進み、【モバイルデータ通信を使用】をオフにすればOK。

【バックアップの手順】

【ホーム】から【設定】→【トーク】の順にタップし、【トークのバックアップ】→【今すぐバックアップ】を選択して
トーク履歴をバックアップします。

※Android端末からiOS端末へはトーク履歴を引き継ぐことができません。
(Andoroid端末同士ならトーク履歴のバックアップが可能)
※iCloudの容量によっては、すべてのトーク履歴をバックアップできない場合もあります。

iCloudへのバックアップをおこなっておけば、機種変や買い替え時だけでなくiPhoneをなくしてしまった場合にも新しいiPhoneにトーク履歴を復元することができるのでおすすめです。

【注意点まとめ】

● トーク履歴の引き継ぎは同じOS間
【iOSからiOS】
【AndroidからAndroid】でしかおこなえません。

● トーク内にある画像やスタンプはバックアップ・復元ができません。
【Keep】や【アルバム】などの機能を利用しましょう。

● iCloudの容量によっては、すべてのトーク履歴を引き継ぐことができない場合があります。

不要なデータ利用量が発生しないように、iPhoneの設定画面から【iCloud】→【iCloud Drive】→【モバイルデータ通信を使用】をオフにしましょう。

【関連記事】

画像などをKeepに保存する方法

使わなくなった古いスマホでLINEをはじめる方法

LINE友だちの表示名を自由に変更する方法

- スポンサードリンク -