LINE Payで【請求書支払い】をする方法

投稿日:

- スポンサードリンク -

通販で購入した商品の請求書や電気・ガス・水道などの公共料金の請求書。

わざわざコンビニなどの機関へ出向き、支払うのが面倒って時ありませんか?
また、支払い期限が当日までだったのに請求書を持ってでるのを忘れてしまう方も多いと思います。
帰ってから請求書を持って、また出て行くのはそうとう面倒くさいですよね。

LINE Payの請求書支払いなら、家にいながらスマホで支払いが完了しちゃいます。
そんな、簡単便利なLINE Payの【請求書支払い】の方法をご紹介します。

LINE Payで【請求書支払い】をする方法

LINE Payの【請求書支払い】は、LINE Payのコードリーダーで
請求書のバーコードを読み込んで支払いができる機能。
支払いはLINE Pay残高から支払います。

それでは、LINE Payの【請求書支払い】の利用方法をご紹介します。

【請求書支払い】をする方法

LINEアプリの右下の「ウォレット」から残高をタップし、次に「請求書支払い」をタップします。
2019_1220-2.png
コードリーダーの使い方や注意事項を読んだら「次へ」をタップすると
バーコードリーダーが立ち上がります。
立ち上がったバーコードリーダーで請求書のバーコードを読み込みます。
2019_1220-3.png
手元の請求書と画面の請求内容に間違いがなければ画面下の「決済」をタップ。
支払い金額・ポイント決済・決済方法を確認し「〇〇円の決済を行う」をタップします。
最後にパスワードを入力すれば支払い完了となります。
2019_1220-4.png
パスワードを忘れた時の変更・再設定について

【注意事項】
※ 全ての請求書に対応しているわけではありません
※手数料はお客様負担と記載がある場合には手数料がかかります
※請求書支払いを利用して税金を支払う場合は30万円までです
※LINE Payボーナスは請求書支払いに利用することができません

請求書支払いが可能なお支払先

LINE Payの請求書支払いでは、すべての請求書に対応しているわけではありません
お手元の請求書が、LINE Pay請求書支払いに対応しているかどうか
ご確認のうえご利用ください。

【代表的なお支払い先】
(公共料金)
● 東京電力エナジーパートナー
● 関西電力
● 九州電力
● 東北電力
● 中国電力
● 東京ガス  など
その他にもガス料金や水道料金・ファッション通販サイトなどの請求書も
利用可能なお支払先が多数あります。
詳しくはこちらをチェックしてください。
請求書支払いが可能なお支払い先 一覧

支払い手数料について

LINE Pay【請求書支払い】のサービスは原則、手数料無料とはなっていますが、
支払先によっては請求書に「手数料はお客様負担」などの記載がある場合もあり、
その場合は手数料がかかりますので、しっかり確認してから利用しましょう。

おうちにいながら支払いがおこなえるLINE Pay【請求書支払い】。
忙しいとき・コンビニへ支払いに行く時間がないときなどに便利です。

関連記事

パスワードを忘れた時の変更・再設定について

LINE Payから銀行振込する方法

スマホで簡単にLINE Payの本人確認をする方法

- スポンサードリンク -