格安スマホのメリットとデメリット

- スポンサードリンク -


月額スマホ料金が安くなると話題の格安スマホ
そんな格安スマホのメリットデメリットをご紹介します。

格安スマホとは

格安スマホのメリット

【メリット①】 月額料金が安くなる

格安スマホの特徴はスマホの月額料金が安くなるということ。
端末込みで月額2000円台というプランも存在し、
シンプルな機能でどんな端末でも気にしない
というかたは、
格安スマホに変えることで毎月のスマホ料金を安くすることができます

【メリット②】 安心の対応エリア

格安スマホのほとんどがdocomoの通信回線を利用したサービスを提供しています。
(一部auなどの回線を利用している場合もあります)
大手携帯会社の回線を利用しているので安心して使用できます。

【メリット③】 LTE対応

格安スマホはLTE対応なのに料金が安い。
高速通信が可能なプランも多数存在するので安心して乗り換えることができ快適な通信が可能。

【メリット④】 データ量が選べる

1Gから無制限まで、データ量に応じたプランが選べます。
各携帯会社のホームページから、自分が月にどのくらいのデータ量を消費しているのかを
確認してみてからプランを検討するのも、月々の料金を抑えるポイントになるかもしれません。

格安スマホのデメリット

【デメリット①】 携帯キャリアのアドレスが使えない

格安スマホでは現在使用している「×××@docomo・・・」や「×××@zeweb・・・」などの
携帯キャリアのメールアドレスを使用することができません
使用できるメールアドレスは、GmailやYahoo!メールなどのPCでも使えるアドレスです。

【デメリット②】 シンプルゆえ機能が少ない

格安スマホはよく使う機能だけに絞ったものなので、
大手携帯会社が販売しているスマホのようにいろんな機能が備わっているわけではありませ
たとえば数年前から搭載されだしたフルセグや携帯をお財布代わりにできる
おサイフケータイなどは搭載されていないことが多いです。

【デメリット③】 好きな端末を選べない

スマホを選ぶ理由のひとつとして、見た目も大事な部分だと思います。
しかし、格安スマホには海外メーカーの端末が多いため好きな端末を選ぶことが難しくなります。
国内メーカーの端末も少しずつ増えてはいますが、
格安スマホは端末も同時に購入するため
限られた端末の中から選ばなくてはなりません。

どうしてもiPhoneなどお目当ての端末を使用したい場合は、
SIMフリーの端末を購入し格安SIMを使うことで月額料金を抑えることができます。

【デメリット④】 通話機能で長電話は割高に

通常スマホの料金プランには通話料金が含まれていますが、
格安スマホの料金プランには通話料金のプランは含まれていません
つまり、スマホの通話機能で
電話をかけたら、かけた分だけ料金が課金されるということ(30秒約20円~)

格安スマホでも通話料を安くしたい場合は、
LINEや楽天でんわのような
無料通話アプリなどを上手に利用して通話料金の節約が可能です。

ガチで10万円安くなる!?So-net モバイル LTE スマホセット2480

関連記事

格安スマホとは

→格安SIMとは←

→格安SIMのメリット・デメリット← 

- スポンサードリンク -