LINEのメッセージを引用返信する【リプライ機能】の使い方

投稿日:

- スポンサードリンク -

メッセージを引用返信する【リプライ機能】

【リプライ機能】とは、もとのメッセージ+そのメッセージに対する自分の返信を
一緒に表示して送信できる機能。
リプライ機能は以下のメッセージタイプに対応。
●メッセージ
● テキスト
● 写真
● ビデオ
● スタンプ
● 絵文字
相手側から送られてきたメッセージだけでなく、自分が送ったメッセージを引用することもできます

トークをしているうちに話が飛んでしまって、もとの話に戻したいときなど
またはじめからメッセージを打つのも面倒なときってありますよね。
そんな時はトークをさかのぼって該当する前後のメッセージを引用し
リプライ機能を使えば、どのようなやり取りをしたかが分かりやすくて便利です。

【リプライ機能】の使い方

トークルームから引用したいメッセージを選択し長押し】します。
すると以下のようなポップアップが表示されるので【リプライ】をタップ
※画像はAndroid
2019_0709-1.png

【リプライ】をタップすると引用したメッセージとあわせて自分のメッセージも
入力できるので、入力が終われば送信するだけでOK。
2019_0709-3.png

引用したメッセージをタップすると、もとのメッセージの位置まで戻ることができるので、
前後の会話も確認することができます。

上記のように【リプライ機能】は使い方もカンタンなのでぜひ活用してみてください。

【関連記事】

間違えて送ったLINEメッセージを相手のトーク上から削除する方法

友だちの自動追加で特定の人を対象から外す方法

LINE関連記事一覧

- スポンサードリンク -