暑い日は気をつけよう!【熱中症】の症状と応急処置

- スポンサードリンク -

暑い夏が近づくにつれ注意しなければならないのが【熱中症】。近年熱中症患者は増加し死亡する例も出ています。【熱中症】の症状とは一体どのようなものなのか。もし熱中症になったらどのような応急処置をすればいいのでしょう。

目次

● 熱中症とは
● 熱中症の症状
● 熱中症の応急処置

熱中症とは

身体の外側から入ってくる熱や身体の中で作られる熱を体外にうまく放出できないことが原因で身体にさまざまな不調をまねくことを熱中症といいます。炎天下の中でのスポーツやレジャーなど猛暑日などの【暑い日に屋外で熱中症になる】というイメージが強いですが、屋外だけでなく閉め切ったままの室内など屋内やそれほど気温が高くない場合にも熱中症になる場合があります。身体の外から入る熱で熱中症になることを【非労作性(古典的)熱中症】と呼び、高温多湿な環境で働いたり運動したりした時になる熱中症を【労作性熱中症】と呼びます。また熱中症は重症度が【Ⅰ度(軽度)】・【Ⅱ度(中等度)】・【Ⅲ度(重症)】と3つに分かれていてそれぞれ症状も異なります。

熱中症の症状

610-1.png
3種類ある重症度の症状はそれぞれ以下の通りです。※状況や環境によって変化するのであくまで目安としての症状です。

熱中症 【Ⅰ度(軽度)】の症状例

● めまいや立ちくらみ
● 生あくび
● 大量に汗をかく
● 筋肉痛やこむら返り など

熱中症 【Ⅱ度(中等度)】の症状例

● 頭痛や嘔吐
● 集中力や判断力の低下(見当識障害)※名前や日付・生年月日などが言えない
● 倦怠感や虚脱感 ※身体に力が入らない など

熱中症 【Ⅲ度(重度)】の症状例

● 意識障害 ※声かけや痛みなどを与えないと目を開けなかったり刺激に対しての反応が鈍い
● 小脳症状
● 痙攣発作
● 肝機能・腎機能障害
● 血液凝固異常 など

熱中症の応急処置

610-2.png
熱中症の症状が【Ⅰ度(軽度)】の場合、風通しのいい日陰やクーラーの効いた室内など涼しい場所に移動して身体を冷やしてしばらく休むようにしましょう。身体を冷やす場合は動脈の通っている部分(足首や脇の下・首筋や股関節など)を冷やすよう心がけます。また汗によって失われた水分や塩分冷たい飲み物(経口補水液やイオン水・スポーツドリンクなど)で摂取。もし嘔吐や吐き気がある場合は胃腸の働きが鈍っているかもしれないので水分補給は控えるようにしましょう。このような応急処置をしてもよくならない場合は自己判断せず医療機関を受診するようにしましょう。

熱中症の症状が【Ⅱ度(中等度)】・【Ⅲ度(重度)】の場合、応急処置では対処することができず入院して治療を受けなければならないこともあるので早急に医療機関に搬送・受診しましょう。

まとめ

暑い場所で長時間の労働やレジャー・運動などをする場合はしっかり水分をとり熱中症にならないようこまめに身体を冷やすことも意識しましょう。熱中症の症状は初めは軽症でも環境や状況によって重症化し、死に至るケースもあります。熱中症かもと思う症状があらわれたら自己判断せず、早めに医療機関を受診しましょう。

- スポンサードリンク -