足が臭い!?水虫!?足のにおいの原因・対策と治療方法

- スポンサードリンク -

足が蒸れる暑い季節に限らず、1年を通して悩んでいる方も多い【水虫】。足の裏は水虫が出来やすい部分でもあり、水虫になるとかゆみや痛み・ただれなどを伴います。また足が蒸れると少なからず臭いが発生するのも事実。足の臭いと水虫にはどのような関係があり、水虫の原因はなんなのでしょう。

女性でも安心!肌を守りながら水虫菌を強力殺菌『クリアフットヴェール』

足のにおい・水虫の原因

523-1.png
水虫=足が臭い・足が臭い=水虫は間違い。足が臭くなるのも水虫になるのも、足の裏の環境に関係しています。足の裏は1日でコップ1杯分ほどの汗をかくといわれています。年中靴下を履いていると足の裏が高温多湿になり、蒸れて菌が発生します。足の裏が蒸れて菌が発生・増殖すると臭いが生じ、それが【足のにおい】となります。水虫も同様の環境で発生します。足の裏が高温多湿になると水虫菌(白癬菌)が発生。水虫菌(白癬菌)は角質や皮脂などを栄養源として増殖し、かゆみやただれなどの症状を発生させます。足のにおいと水虫の発生する環境が同じなため「足がくさい=水虫」と結びつけてしまうのです。汗をかき蒸れるからといって靴下を履かないということは日常生活においてなかなかできないこと。では足のにおいや水虫にはどのようなケアや対処をおこなえばよいのでしょう。

足のにおい・水虫のケアと対処法

523-2.png
足のにおいや水虫は【菌の増殖】が原因。まずは清潔にすることが第1のケア方法。しかし、足が蒸れたからといって仕事や学校など、外出中に足を洗ったりするのはなかなか出来ないもの。そこで簡単に出来るケア方法をご紹介。

【除菌シート】でケアする

ドラッグストアやコンビニ・100均などで手軽に購入できる【除菌シート】。足が蒸れてにおいが気になったら除菌シートで足の裏を拭くのがオススメ。汗や菌は靴下・靴の中敷にも。靴や中敷の交換・靴下を履きかえるのもケア方法のひとつですが、無理な場合は中敷もアルコールの入ったシートできちんと拭き、しっかりと乾かしましょう

【靴下】でケア

靴下選びも足のにおい・水虫のケアや対処法で大事なこと。足によく汗をかく人は【5本指の靴下】を選んでみましょう。5本指の靴下は足の指が引っ付かないので足のにおいを予防できます。また吸汗性・吸湿性のよい素材(絹・麻・綿)のものを履くように心がけましょう。女性の場合ストッキングやタイツなどをを履くことが多いと思いますが、どちらも吸湿性が悪く蒸れやすいもの。ストッキングやタイツを履く場合はパンプスやハイヒールなどに消臭効果のある中敷を使用しましょう。また、蒸れたら靴下に履き替えたり、靴を脱いだりサンダルに履き替えるなどして風通しのよい状態をつくることも大事です。

水虫の【感染・伝染】を防ぐ

家族など身近で水虫に感染した人がいると伝染してしまう場合があります。水虫菌である白癬菌が、水虫に感染している人が通った廊下やスリッパ・フローリングやお風呂の脱衣所などに散らばっています。フローリング用や畳用の除菌シートなども販売されているので、それらを使ってこまめに廊下などを掃除するのも感染・伝染を防ぐ対処法のひとつ。またペットに寄生する白癬菌もあります。触れ合った場所(顔や腕)に水虫が感染する場合があるようなので注意が必要です。シャンプーを定期的にしてあげたりペット自体に症状がある場合は動物病院で診察を受けましょう。

水虫の【治しかた・治療方法】

523-3.png
水虫は治らないものではありません。治療法の進歩により、日ごろからしっかりケアし治療すれば水虫は完治することも可能です。

【市販薬】で治療

水虫を病院で治療する場合は外用薬と内服薬の2つで治療をおこないます。内服薬は病院で処方されなければ購入することはできませんが、外用薬(液剤やクリーム剤・軟膏やパウダーなど)はドラッグストアなどでも販売されています。現在では1日1回お風呂あがりに塗って治療をおこなえる外用薬もあります。しかし体質や水虫の症状などによっては肌がかぶれたり悪化する場合もあります。市販の外用薬を使用しそのような症状があらわれた場合はすぐに使用を中止し、皮膚科などの専門医で診てもらいましょう。忙しくどうしても病院へ行く時間がない場合はドラッグストアに常駐している薬剤師に相談するのもいいかもしれません。

【専門医を受診】して治療

水虫は人それぞれ症状が違い、症状の種類によって治療法も異なります。水虫にあった正しい治療をおこなわないと治るものも治りません。水虫の市販薬を使ってもなかなか治らないのは、その薬が水虫に合っていないからかもしれません。合わない薬を使い続けて悪化やかぶれを伴うまえに、専門のドクターに診てもらいましょう。

まとめ

水虫菌(白癬菌)はカビの一種。カビは高温多湿を好むもの。足の裏は汗をかきやすい場所なので、においや水虫が気になる方はこまめに洗ったり除菌シートでケアするなどして対処しましょう。入浴後や薬を塗るまえに皮膚をこするのはNG。強くこすると皮膚を傷付けてしまいます。また入浴後はしっかり水気をふき取って乾かし、蒸れを防いで水虫の悪化を予防しましょう。 【スキンケア大学参考】

- スポンサードリンク -