年齢より老けて見られる!?【ふけ顔】の原因と対策

- スポンサードリンク -

【ふけ顔】の原因と対策

女性にとって実際の年齢より老けて見られるのはものすごくショックな事。自分ではそうは思っていなくても他人にはそう見えているのは何故なのか。実年齢より老けて見られる【ふけ顔】の原因と対策についてご紹介します。

ふけ顔の原因 ① シワ

年齢を重ねるごとに誰もが増えていく【シワ】はふけ顔に見られる原因のひとつ。皮膚のコラーゲンやエラスチンなどは加齢によってどんどん減少していきます。それらが減少することによりお肌の保湿力も低下していきます。そうなると目元や眉間などの表情ジワ(笑ったときや驚いたときにできるシワ)が深く刻まれてしまい消えなくなってしまうのです。また皮膚のたるみもシワができる原因です。

表情ジワの改善と対策

笑ったり驚いたり怒ったりしたときに自然にできる表情ジワ。笑顔など顔の筋肉【表情筋】を動かすことで表情としてあらわれます。しかし無理に笑ったりワザと眉間を寄せるなどすると、その表情筋が必要以上に動いてしましシワができてしまいます。だからといって常に無表情で居ることはできません。無理やり表情を作ることをなるべく避けるよう心がけましょう。また、お肌の保湿もシワの改善や対策のひとつ。紫外線などに気をつけ、保湿力の高い化粧水などでケアしお肌の皮膚の水分量を保ってみましょう。

ふけ顔の原因 ② シミ

紫外線などの刺激によってできる【シミ】。紫外線を受けて皮膚の内部でつくられるメラニン色素は、肌の新陳代謝(ターンオーバー)によって角質とともに垢として排出されます。しかし紫外線を浴び続けることで細胞に異常が起こり、メラニン色素が過剰につくられます。本来は角質とともに排出されるはずのメラニン色素ですが、過剰につくられることでターンオーバーが乱れて排出されずに残ってしまいシミとなってしまいます

シミの改善と対策

シミへの改善・対策には美白化粧品がオススメ。美白化粧品の多くはメラニン色素の生成を抑え、日焼けなど紫外線によるシミやそばかすを防ぐ目的があります。以下のような美白成分(厚労省が認めた美白成分)を使用した化粧品を選んでみましょう。

【美白成分】
● カモミラET
● トラネキサム酸
● t.AMCHA(シクロアミノ酸誘導体)
● アルブチン
● コウジ酸
● エラグ酸
● ルシノール
● ビタミンC誘導体
● プラセンタエキス
● リノール酸
● 4MSK など

またピーリング石鹸やジェル・ローションなどのピーリング剤でターンオーバーの乱れを整えるのもメラニン色素を排出するスピードをアップさせるのに効果的だといわれています。

ふけ顔の原因 ③ たるみ

若い頃は弾力のあったお肌も、年齢を重ねるごとに表情筋や新陳代謝の衰えなどにより皮膚や脂肪が下がってきてしまいます。コラーゲンやエラスチンなど真皮を支える役割を果たす繊維成分の緩みがお肌の【たるみ】へとつながります。紫外線や乾燥もたるみの原因。お肌がたるむことにより二重アゴやほうれい線もできてしまいます。

たるみの改善と対策

日焼けクリームなどで紫外線を防ぎ、お肌の乾燥を防ぐために保湿することがたるみの改善・対策につながります。また、表情筋の衰えもたるみの原因のひとつになっているので、フェイスマッサージやくちを大きく縦・横に広げながらゆっくりと「あ・い・う・え・お」の形で表情筋を鍛えるトレーニングをおこなうのも効果的といわれています。

ふけ顔の原因 ④ 目の下のくま

デリケートでシミやシワ・たるみ良が生じやすい目の下の皮膚。目の下の皮膚にシミやシワ・たるみができることが【くま】ができる原因となっています。目の下にくまができると、肌がくすんで見えたり疲れているように見えたりすることでふけ顔の印象を与えてしまっています。。また、疲れやストレス・栄養不足などによる血行不良も目の下にくまができる原因のひとつといわれています。

目の下のくまの改善と対策

目の下のくまを解消するには肌のターンオーバー(肌の新陳代謝)を正常化させることがポイントとなります。ターンオーバーは年齢を重ねるごとに速度を落としていき、28日周期だった20代に比べて40代になると約2倍の45日程度かかるといわれています。美白成分が配合されている化粧品を使ったり、日ごろの食生活・お肌の乾燥を防ぐための保湿を怠らないよう心がけましょう。また、血行をよくすることも大切なのでホットタオルで目を温めたり目の周りをマッサージして疲れをとることも、目の下のくまの改善・対策に効果があるといわれています。

まとめ

加齢だけでなく、普段からの食生活や疲れ・ストレスなどもふけ顔に見られる原因になりかねます。野菜を多く摂る食事を心がけたり、美白成分配合の化粧品を使用して紫外線からお肌を守るなどして日ごろの生活習慣を見直してみましょう。最近ではサプリメントも多く販売されているので試してみるのもいいかもしれません。また何をしてもどうしてもたるみやシワなどが気になる方はクリニックで治療してもらうのもいいかもしれません。

- スポンサードリンク -