写メで撮影場所がバレる!?スマホの写真に位置情報をつけない方法

- スポンサードリンク -

GPS機能の付いたスマホで撮った写真を、メールに添付したりパソコンを経由してのデータ転送などをすると撮影場所がバレてしまう可能性があります。なぜ撮影場所がバレてしまうのか。それはGPS機能の付いたスマホで撮った写真の【位置情報】が関係しています。

位置情報

位置情報とは、携帯などの端末が現在居る位置を取得してそれに応じた情報を提供するサービス。GPS機能のついたスマホで写真を撮ると、撮影場所が分かるように【位置情報(シオタグ)】がつきます。『えっ!?いろんな所に写真UPしちゃってるんですけど!!』と焦った方もいるかと思いますが、大手SNS(Twitter / Facebook)やブログなどでは、写真投稿時にGPS情報が破棄される仕組みになっているようなのでご安心を。それでも心配な方はSNSに投稿した写真のプロパティを確認しましょう。

プロパティで位置情報を確認

位置情報の付いた写真をメール添付やパソコン経由でデータ転送すると、なぜ位置情報(撮影場所など)がバレてしまうのか。その原因はプロパティにあります。位置情報の付いた写真のプロパティには、撮影場所の経度・緯度・高度などの情報が表示されるようになっています。
blog-314-1.png
上記はiPhoneで撮影した写真をWindowsパソコンへメールに添付して送信し、パソコン上でファイルのプロパティを確認したものです。上記の画像ではモザイクになっていますが、【GPS】の下には緯度・経度・高度が表示されるようになっていてます。その経度・緯度・高度の情報を元に撮影場所がバレてしまうということです。もし自分の家で撮影した写真なら・・・下手をすると自宅の場所までもがバレてしまいプライバシーへの不安が募ってしまいます。スマホで撮った写真に位置情報が付くのはメール添付とパソコン経由のデータ転送時。位置情報を付ける(オン)・付けない(オフ)の設定は写真を撮るスマホなどの端末から変更が可能。なので、万が一のことを考えるなら一度設定を確認してみましょう。

【iPhone】で位置情報を付けない(オフにする)方法

iPhoneの【ホーム画面】→【設定】より【プライバシー】を選択します。次に【位置情報サービス】を選択すると位置情報を利用可能なアプリが表示されるので【カメラ】を選択して【許可しない】をタップ。これで位置情報の設定はOFFになっているはずなので、写真にも位置情報がつくことはありません。

【Android】で位置情報を付けない(オフにする)方法

Androidの位置情報のオン・オフも【設定】から変更が可能です。今回はAndroidで位置情報を一括でオフにする方法をご説明します。【設定】→【その他の設定】より【位置情報】を選択。位置情報画面の右上にON・OFFのスイッチがありますので、【OFF】に切り替えれば位置情報の設定変更が完了です。※機種やOS・バージョンによって少し操作方法が違う場合があります。「カメラだけ位置情報をつけたくない」などそれぞれ個別で設定したい場合は、写真を撮る時のカメラの画面上やカメラの設定画面から位置情報のオン・オフ設定が変更できる端末もありますので確認してみてください。

まとめ

今回はSoftBankで紹介されていた特集の情報を参考に、スマホで撮った写真の【位置情報】についてご紹介しました。自分では気付かないうちに自宅の位置情報が付いた写真をばらまいちゃったなんてことになっては大変です。スマホで撮った写真をメールに添付したい場合やパソコン経由でデータを転送したいは、写真を撮る前に端末の位置情報の設定がOFFになっているか確認しましょう。

- スポンサードリンク -