被害急増!マイナンバー制度を利用した詐欺の手口とは

- スポンサードリンク -

オレオレ詐欺や振り込め詐欺・還付金詐欺や架空請求など、世の中には多くの人々が詐欺の被害に合われています。それらの詐欺は【特殊詐欺】と呼ばれ、平成27年度の特殊詐欺による総被害額は476億円(警察庁)を超えています。特殊詐欺に加え、平成28年1月から開始されたマイナンバー制度でも被害が続出しています。

① マイナンバー制度とは
② マイナンバー制度を利用した詐欺
③ マイナンバー詐欺の注意点

① マイナンバー制度とは

平成28年1月から開始された【マイナンバー制度】。マイナンバーとは国民1人1人が持つ12ケタの番号。※法人の場合は法人番号13ケタになります。このマイナンバーは各行政手続き(雇用保険・年金・税など)に使用するものでマイナンバーカードとして各地域の役所などで交付が始まっています。マイナンバーカードには身元確認ができる情報も記載されています。マイナンバーカードは1枚で本人確認(番号確認+身元確認)ができる唯一の書類となります。マイナンバーを利用する場面には以下のようなものがあります。

マイナンバーの利用場面

● パート / アルバイトの勤務先
● 奨学金 / 育児休暇 / 児童手当などの申請時
● 年金 / 介護 / 社会保険などの手続き
● 外国人の税 / 社会保障などの手続き

上記のような手続きをマイナンバーを利用して国や地方で連携することで、情報の照会や添付書類の削減・時間や労力の削減など各手続きがスムーズになります。個人個人の情報を12ケタのマイナンバーで管理するマイナンバー制度ですが、制度が開始されたことで【マイナンバー詐欺】の被害が急増しています。

② マイナンバー制度を利用した詐欺

地方公共団体や消費者センターには、マイナンバー制度に便乗した詐欺【マイナンバー詐欺】による被害が多く寄せられています。そんな【マイナンバー詐欺】の手口や被害には以下のようなものがあります。

マイナンバー詐欺の手口と被害

● 手口 ① マイナンバーの登録手数料を請求される
国や自治体の職員を名乗り、【マイナンバー登録には登録手数料が必要】などと言いお金を請求する詐欺が増えています。マイナンバーは住民票に記載されている住所へ世帯ごとに【通知カード】が送付されます(世帯人数分)。通知カードと一緒に同封されている【個人番号カード交付申請書】に必要事項記入・写真を添付して返信封筒で申請すれば、各市区町村の窓口で【無料】で受け取れるものです。国や自治体の職員が【マイナンバーカードの申請・登録に手数料が必要】などと支払いの請求をすることはないので、万が一訪問や電話・メールなどでお金の支払いを要求されても支払わないようにしましょう。

● 手口 ② 口座番号や暗証番号、キャッシュカードの要求
マイナンバー制度に関する調査と嘘をつき、【個人情報の調査中】と言いながら口座番号や暗証番号・年金受給の有無やキャッシュカードの確認を要求する詐欺が増えています。マイナンバーの手続きや利用などで国・自治体の職員が上記のような個人情報を聞き出すことはありませんアンケートをよそおい家族構成や保険の契約状況・資産や財産の確認をすることもないので、不審な電話やメールなどがあった場合は安易に答えないようにしましょう。

● 手口 ③ 架空請求などの不審なメール
身に覚えのないサイトの登録料を請求され、【登録料金の支払いをしなければマイナンバーに控訴履歴が残る】などと言う文章がメールで送られてくる詐欺。マイナンバーは利用範囲が法律で決められているので【控訴履歴が残る】・【控訴履歴が明らかになる】などといったようなことはありません。また連絡を要求してくる悪徳な業者もいるので、そのようなメールが送られてきても返信や連絡をとるようなことはしないようにしましょう。

上記以外にも【マイナンバー詐欺】は多数存在します。国・自治体の職員が訪問したり電話をかけて個人情報を聞き出したりお金を請求することもありませんので、くれぐれも注意しましょう。

③ マイナンバー詐欺の注意点

● マイナンバーに関連したメールが送られてきても、送信してきた相手に覚えがない場合は安易に開封しないようにしましょう。
● マイナンバーの申請書類には、個人情報などの必要事項を記入し顔写真を添付します。使用する返信用封筒の宛先が【地方公共団体情報システム機構】であるかどうかをしっかり確認してから申請しましょう。
● マイナンバーの通知書類は普通郵便でご自宅のポストに届くことはなく、配達員から直接受け取るものです。また配達員がお金を請求したり口座番号などの個人情報を聞くこともないので、そのような場合が発生したら注意しましょう。

怪しいなと思うことが発生したら、一人で解決しようとせず相談窓口などを利用しましょう。 【総務省参考】

【マイナンバー総合フリーダイヤル】
TEL 0120-95-0178
(平日)9:30~22:00 (土日・年末年始除く)9:30~17:30

【消費者ホットライン】
TEL 188
市区町村の消費生活センターや相談窓口などを案内してくれます

【マイナンバー苦情あっせん相談窓口】
マイナンバーの個人情報に関連した苦情
TEL 03-6441-3452
(平日)9:30~17:30

- スポンサードリンク -