便秘とは~便秘の原因と症状~

- スポンサードリンク -

「毎朝スッキリしない」・「朝起きたら胸焼けや吐き気がする」。便秘にはさまざまな症状があらわれます。毎朝スッキリする人ととそうでない人。【便秘になる原因】や【便秘の症状】にはどんなものがあるのでしょう。

便秘とは

便秘とは大腸に便が溜まっている状態のこと。基本的に【3日以上排便がないこと】【毎日排便はあるが残便感がある】ことを便秘といいますが、排便の量や残便感などは人それぞれ。これが便秘だ!と明確な定義はされていませんが【残便感などによる苦痛を感じるかどうか】だといわれています。大腸ガンの原因のひとつとも言われている便秘にはさまざまな種類があり、原因や症状も違ってきます。

便秘の種類と原因

便秘には【機能性便秘】【慢性便秘】・【急性便秘】などの種類あります。

機能性便秘

一般的な便秘に多いのが【機能性便秘】機能性便秘とは日ごろの食生活や生活習慣・過度なダイエットやストレスが原因で起こる便秘のひとつ。病気には由来しない便秘ということもあり、生活習慣の改善などによって解消が見込める便秘といわれています。機能性便秘の中でもさらに【弛緩(しかん)性便秘】・【痙攣(けいれん)性便秘】・【直腸性便秘】・【器質性便秘】の3種類に分類されます。

●弛緩(しかん)性便秘
弛緩性便秘とは機能性便秘の中でもっとも代表的な便秘。直接的な原因は大腸の筋肉のゆるみ。大腸の筋肉がゆるんでいるため便を押し出すチカラが弱く、便秘状態となります。また便の水分不足や内臓の垂れ下がり、無理なダイエットなどが原因ともいわれています。弛緩性便秘は運動不足の人や女性・高齢者など腹筋の弱い方など日本人に多い便秘です。

●痙攣(けいれん)性便秘
痙攣性便秘とは自立神経の乱れによるストレスが原因で起こることの多い便秘。自律神経の乱れやストレスが原因で大腸の働きが悪くなり、便を押し出すチカラが激しくなり痙攣した状態になります。痙攣性便秘は食物繊維の過剰摂取によって過敏性大腸炎を引き起こすことで発症するケースなどもあります。また解消しようと便秘薬や下剤などを使用することによって、症状を悪化させてしまう場合もあるようです。

●直腸性便秘
直腸性便秘とは、便が直腸までは運ばれているのに肛門付近の問題でうまく排便することができない便秘のことをいいます。便意を我慢する習慣がある人や痔や直腸ガン、老化や肛門付近に問題がある人が直腸性便秘に悩まされているケースが多いようです。痔がひどくならないよう便を我慢してしまい、さらに直腸便秘が悪化するという悪循環に陥る場合もあります。

●器質性便秘
器質性便秘とは生活習慣によるものではなく、胃や小腸・大腸や肛門などの器官に疾患があることが原因で便秘になること。長期化すると命の危険が及ぶ場合もあるようです。器質性便秘の症状が出た場合大きい病気にかかっている場合もあり、自力での改善や解消は見込めないため病院で診察・治療を受けなければなりません。

慢性便秘

世間で言われている便秘の多くはこの【慢性便秘】。週に2日以上排便がない状態が1ヵ月以上続くことを慢性便秘といい、基本的には機能性便秘のことをいいます。

急性便秘

一過性便秘とも呼ばれる急性便秘。便秘の症状が短期間だけあらわれるのが特徴です。また、ほかの病気が原因で急に便秘になった場合は器質性便秘の可能性があります。

便秘の症状

便秘の種類によって症状にはどのような違いがあるのでしょう。

機能性便秘① 【弛緩性便秘の症状】

弛緩性便秘には以下のような症状がみられます。

・硬くコロコロした便がでる
黒くてコロコロした硬い便がでるのが特徴。便に水分が不足しているため、排便に苦労します。また残便感がありスッキリしません。

・お腹が張る
お腹が張る原因は腸内に便が溜まることで悪玉菌が増え、ガスも溜まってしまうから。ガスが溜まりお腹が張った状態が続くと、食欲がなくなったりストレスが溜まる原因にもなります。

・肌トラブル
悪玉菌が増殖した腸内には悪玉菌が排出した毒素がいっぱい。それが血液やリンパから体内へと流れてしまいます。体調が悪くなると肌荒れを起こしたりするのと同じで、腸が健康でなければお肌にもトラブルが起こってしまう可能性があります。

機能性便秘② 【痙攣性便秘の症状】

痙攣性便秘には以下のような症状がみられます。

・便秘と下痢を交互に繰り返す
痙攣性便秘の最大の特徴は【便秘と下痢を交互に繰り返す】こと。便秘と下痢を交互に繰り返すのは、腸の機能が活発になりすぎて消化・吸収のスピードと腸の働きがつりあっていない状態になっているため。

・下腹部通をもよおす
大腸が活発に動くことで胃腸の動きも活発になり、食後などに下腹部通をもよおすことも多いようです。

・硬くコロコロした便がでる
便秘の際は排便後の残便感を感じることが多く、硬くコロコロとした便になりやすい傾向が多くみられます。

機能性便秘③ 【直腸性便秘】

直腸性便秘には以下の症状がみられます。

・排便時に痛みがある
直腸性便秘は肛門付近などの問題などによって引き起こされる便秘。痔などが原因で排便時に痛みがともなったり肛門が狭く感じて違和感がうまれると上手に排便できず、便秘になってしまいます。

・うまくいきめず排便に時間がかかる
排便しようと思い切りいきんでも、思っている以上にお腹にチカラが入っておらず排便が困難になり便秘を引き起こしている場合もあります。

・便が非常に硬い
直腸性便秘は他の便秘と比較しても特に便が硬いのが特徴。便が硬くなってしまうのは水分が少なくなっている排便直前の状態で便秘なってしまうため、硬くて太い便になってしまいます。

・便秘薬を服用すると下痢をする
直腸性便秘の場合、大腸が原因で便秘になっているわけではないため他の便秘に効く薬を飲むと下痢をしてしまいます。

・便意を感じることが少ない
便が直腸に到達し刺激されることで大脳に伝わり便意をもよおすのが通常ですが、直腸性便秘の場合肛門部分に問題があるとそのセンサーが弱まってしまい、便意を感じにくくなっている可能性があります。

機能性便秘④ 【器質性便秘の症状】

器質性便秘の症状には以下のようなものがあります。器質性便秘は普通の便秘とは違い、重大な病気を患っている可能性もあります。以下のような症状が便秘とともにみられた場合は、自己判断せず病院で診察を受けましょう。

・吐き気や嘔吐
・激烈な腹痛
・発熱
・血便
・粘膜が混じった便がでる
・急に便秘になる


便秘にはいろんな種類があり、それぞれ原因や症状・改善方法も異なってきます。なかには大きな病気が原因で便秘になっている可能性もあるようなので、吐き気や激しい腹痛をともなったりする場合は自己判断せず病院で検査を受けてみましょう。

初回モニター980円!スッキリしたい方へ!【パーフェクトグリーン】

関連記事

便秘解消に役立つ食べ物

便秘解消・改善に役立つツボ

- スポンサードリンク -