冷え性と末端冷え性の違いは?~冷え性の原因と症状~

- スポンサードリンク -

日ごろから体を暖めることを意識して生活し活動をする【温活】。体を温めることで冷えを改善しようと【温活】をしている方が急上昇しているようです。体が冷え、なかなか温まらない【冷え性】。今や女性の2人に1人が冷え性だと言われています。寒い時期は気温の低さもプラスされ、特に辛いと思います。そんな冷え性とともに【末端冷え性】という言葉もよく耳にします。【冷え性】と【末端冷え性】にはどんな違いがあるのでしょうか。

冷え性と末端冷え性の違い

体全体には寒さを感じていないのに、部分的に冷えを感じる症状があることを【冷え性】といいます。冷え性には【下半身型冷え性】・【内臓型冷え性】・【末端冷え性】などがあり、それぞれ冷えが生じる部分が異なり症状も違います。つまり【冷え性】と【末端冷え性】に違いがあるというわけではなく、下半身・内臓・末端など体のいろいろな部分に冷えの症状が生じることを冷え性といいます。では下半身型冷え性・内臓型冷え性・末端冷え性にはどのような原因があり症状がでるのでしょう。

下半身型冷え性

下半身型冷え性とは、上半身は温かいのに腰から下の下半身だけに冷えが生じることをいいます。年齢を重ねるごとに症状があらわれる可能性が高いと言われている【下半身型冷え性】。症状は寒い季節だけでなく、気温の高い夏場にも症状が出る場合もあります。

・下半身型冷え性の原因
下半身型冷え性は下半身の血行がうまくめぐっていないことが原因。下半身の血行が悪いため、腰から足先まで血がめぐらず冷えの症状があらわれます。若い頃にはあまり発症せず、年齢を重ねるごとに発症する可能性が高いといわれる冷え性です。またお尻の筋肉(梨状筋)が硬くなってしまうことで足の血管が収縮し足先まで熱を送りにくくなってしまうのです。

・下半身型冷え性の症状
下半身型冷え性は冷えの症状が徐々に拡大していくのが特徴で、初期症状として多いのは足先の冷え。足裏・上半身には冷えをさほど感じないのに、なぜか足先だけが冷たくなってしまいます。症状の悪化により足先の冷えから足首の冷え、ふくらはぎふとももにまで達してきます。血のめぐりが悪いことで温かい血が上半身でとどまってしまい、下半身だけに冷えの症状があらわれることで、冷えのぼせの状態になってしまうのです。

内臓型冷え性

内臓型冷え性とは、文字通り内臓に冷えの症状があらわれ【隠れ冷え性】とも呼ばれています。内臓に冷えの症状があらわれるということもあり、自分ではなかなか気付けないという部分に怖さもあります。内臓の理想的な温度は37.2℃~38℃。その温度を保つための平均体温は36.5℃くらい必要だと言われています。平熱が低いと平均体温を保つのも難しいうえ、内臓という部分のため自分では気付きにくいので、知らないうちに内臓型冷え性が悪化する可能性もあるということです。

・内蔵型冷え性の原因
運動不足や筋肉量不足・低血圧が原因で内臓温度が下がってしまい、内臓型冷え性を発症する場合があります。筋肉は血液を全身へ送るポンプの役割も果しています。女性に冷え性が多いのは男性より筋肉量が少ないためだということです。全身への血液のめぐりが悪くなると、内臓への血液のめぐりも悪くなってしまいます。内臓の温度が下がると冷え性だけでなく、代謝が悪くなったり消化・吸収の働きも鈍くなってしまうため脂肪燃焼やカロリーのエネルギー転換にも悪影響を及ぼします。

・内臓型冷え性の症状
内臓型冷え性にはさまざまな症状があります。自分ではなかなか気付かない部分のため以下のような症状がある場合、内臓型冷え性の可能性があるとされています。
○下腹部が冷える(ワキよりも冷たい)
○いくら厚着をしても冷えがおさまらない
○風邪をひきやすい
○胃腸が弱い
○運動不測
○肩こりがひどく、治りにくい
○肌トラブルが多く、いつも顔色が悪い
○体が冷えて眠りにつきにくい
○冷えが原因で動けなくなったり倦怠感がある ・・・など

こうやって見てみると内臓型冷え性は下半身型冷え性のように、ある部分だけが冷えるというものではなく風邪や不眠など健康に直接悪影響が及ぶ場合もあるようです。

末端冷え性

末端冷え性とは、体は温かいのに手や足の先だけが冷えてしまうことをいいます。10代~30代の女性に多いのが特徴。手先・足先以外は温かいため、末端冷え性になっていることに気付かない方も多いようです。体で熱をうまく作れないことで熱が届かず、手や足の先が冷えてしまいます。夜、寝ていても目が覚めるほど冷たくなってしまう方も多く、末端冷え性が原因で十分な睡眠を取れず体調を崩す場合もあります。

・末端冷え性の原因
血流の悪化や代謝の悪化が末端冷え性の原因と言われています。体の中を循環する血液が、熱を体全体に運ぶ役割をしています。血液の流れが悪くなるということは当然、熱も体にうまく行き渡りません。血液の循環が悪くなるとまず血液が不足している部分に運ぶよう、脳が反応します。手先や足先は心臓から遠いため後回し状態となり、冷えを生じてしまうのです。また、血流が悪化すると老廃物が溜まりやすくなります。老廃物が溜まるとさらに血流が悪くなるという悪循環が起こり、末端冷え性の症状をさらに悪化させる原因になります。そういった悪循環は代謝の悪化にも影響し、内臓の働きも低下させてしまうことで内臓型冷え性にもつながるのです。

・末端冷え性の症状
末端冷え性は手先・足先以外は温かいため気付かない方も多いもの。以下のような症状がある場合、末端冷え性の可能性があるようです。
○手先・足先だけが冷たくなる
○手足がなかなか温まりにくい
○足がむくみやすい
○免疫力の低下
○手足が冷たく寝付きにくい
○肌トラブル
○冷えが原因で頭痛や肩こりが起こる
○めまいや貧血を起こす場合もある
○生理痛や生理不順 ・・・など

末端冷え性は手先・足先だけでなく、腰や背中・肩や首にも症状があらわれる場合があります。

入浴剤で体の心まで温まろう

温泉に限りなく近い入浴剤「るんるんの湯」

自宅で簡単に天然温泉と同等の温浴効果が実感出来る入浴剤【薬用ホットタブ重炭酸湯】

有名温泉の湯の華を粉末化した本格派入浴剤! 体の芯まで温まる温浴効果!薬用ホットタブ重炭酸湯。薬用入浴剤専門店「炭酸の泉」

冷え性サプリメント

冷え性、ダイエットに人気!生姜サプリメント【金時しょうが粒】

温めて燃焼する!冷えの悩みからダイエットの悩みまでサポート!|温活サプリメント【温活宣言】

酒粕しょうが粒で内側からポカポカ

まとめ

【血液の流れ】を良くすることは冷え性の改善や解消につながる重要なポイント。下半身だけが冷たいな・手先や足先だけが冷たいななど、冷え性の症状かなと思ったら血液の流れに目を向けてみましょう。適度に運動をして筋肉量を増やしたり、お風呂や足湯で冷たくなった部分を温めたり。運動不足の解消や食生活の改善などで平均体温となる36.5℃をキープできるよう心がけたいですね。

- スポンサードリンク -