電気~電力自由化と電力会社の切り替え~

- スポンサードリンク -

普段なにげなく使用している電気。各地域の電力会社(東京電力や関西電力など)が家庭や商店などで利用する電気を販売し、使用する側が電力会社と契約することで利用できるようになっています。しかし最近になってCMやニュースで【電力自由化】という言葉をよく耳にしませんか??言葉の通り、使う電力会社を自分で自由に選んで、電気を購入できるようになるのです。

電力の小売前面自由化

2016年(平成28年)4月(事前受付は2016年1月~)より現在のように各地域の決まった電力会社だけでなく、電気の小売業者からも電気を契約・購入できるようになる【電力の小売全面自由化】が実施されます。つまり家庭や商店を含む全ての消費者が、ライフスタイルに合った料金などを参考にし電力会社を自由に選んで契約できるのです。新規参入する電力会社から料金メニューやサービスなどが順次発表され、2016年1月から事前受付(時期は書く会社にとって異なります)がスタート。各社の新しい料金プランやサービスは4月から切り替えが可能。2016年4月までに別の電気会社との契約手続きをしない場合は、今まで通り地域の電力会社から電気が提供されます。※競争が進展するまでの間(2020年3月頃まで)は現在の一般的な料金メニューも各電力会社から引き続き提供されます。

電力の小売全面自由化でどう変わる?

家庭や商店など、消費者が自由に電力会社を選び契約できる【電力の小売全面自由化】によって、私たち消費者の暮らしはどう変わるのでしょうか。

① ライフスタイルに合わせて電気料金のメニューを選べる
時間帯別の電気料金など各電力会社の多彩な料金メニューの中から、自分のライフスタイルにあった料金メニューを選び契約することができるようになります。

② 組み合わせでお得になる
電力の小売全面自由化の新規参入するガス会社や発電会社・通信会社などと契約することでお得になるセット割引やポイントサービスなどの新しいサービスが登場するようです。

③エリア外の電気も購入できる
【電力の小売全面自由化】によって近くの自治体が運営する事業者から電気を購入できるのはもちろんのこと、エリア外の電気を購入することができるようになります。都会に住んでいても自分のふるさとなど、現在住んでいる地域以外のエリアで発電された電気の購入も可能になるということです。

④マンションの契約によって電力会社を個別に選べない可能性も
基本的に個人宅・マンションでも自由に電力会社を選び電気の契約・購入をすることは可能ですが、お住まいのマンションによって新規の電力会社に切り替えることができない場合があります。※高圧一括受電契約をしているマンションなど

電力会社を切り替えまでの手順

各社の電気料金やサービスを自分のライフスタイルに合わせて選べる【電力の小売全面自由化】。事前受付は2016年1月から本格化。切り替えたい電力会社がある場合、各電力会社に申し込みをしなくてはなりません。

手順 ①切り替えたい電力会社に申し込みをする

電力の小売業者など、切り替えたい電力会社各社に設けられているホームページやサービス窓口・電話などで申し込みをおこないます。※現在契約している電力会社の解約は、消費者の同意に基づいて新たに切り替える電力会社に解約手続きをお任せすることが可能

手順 ②スマートメーターの交換

電気の使用量を計測したり遠隔で検針したりできるスマートメーターへの交換が必要になります。※スマートメーター未設置の方のみ
denki-1.png
【資源エネルギー庁】

新たに契約する電力会社に申し込みをしたあと、現在契約している地域の電力会社からスマートメーターへの交換日程(工事予定日)の連絡が入ります。原則スマートメーターへの交換には費用はかかりませんが、メーター工事に費用がかかる場合もあるのでお住まいの地域の電力会社に確認してください。※メーター交換時には1軒あたり15分ほど停電する場合があります。

手順 ③契約開始

電力会社への申し込み・スマートメーターへの交換が済んだら、2016年4月以降いよいよ契約が開始されます。契約開始日は各電力会社によって異なる場合がありますのでそれぞれご確認を。また2016年4月までに他の電力会社へ切り替える手続きをおこなわない場合、引き続き現在契約されている電力会社から電気が供給されます。

切り替えに必要なもの

電力会社の切り替えには以下のような用意が必要と想定されます。

・現在契約している電力会社の会社名
・現在契約している電力会社のお客様番号 (1月の検針日以降の検針票に記載)
・供給地点特定番号 (1月の検針日以降の検針票に記載)
・本人確認書類 (自動車運転免許証・健康保険証など)

↓検針表(例)↓ 【資源エネルギー庁】
denki-2.png

※検針票がない場合は現在契約している電力会社に直接問い合わせて確認することもできます。

切り替え期間

スマートメーターへの工事が不要な場合、約4日ほどの切り替え期間、スマートメーターへの工事が必要な場合は約2週間ほどの切り替え期間を要します。また電力の【小売全面自由化】開始前後(2016年4月)は申し込みが多いと予想されるため、切り替え期間が伸びる場合もあります。

まとめ

お得なセット割や時間帯など、ライフスタイルに合わせて電力会社や料金プランを選ぶのも節約のコツかも知れません。お住まいのマンションなどによっては個人での切り替えができない場合もありますので、確認してから切り替えの契約をしましょう。登録小売電気事業者一覧はこちら←

関連記事

電力自由化のメリットとデメリット

- スポンサードリンク -