花粉症①~花粉症の時期と症状~

- スポンサードリンク -

春に近づくたび憂鬱になる原因・・・【花粉症】。私自身も春から梅雨前にかけて、くしゃみや鼻水などの症状が出て毎年辛い季節になっています。花粉の種類も複数有り、花粉の種類によって時期や症状も異なるようです。1960年代にブタクサ花粉症が報告されて以来、現在では人口の約2000万人以上・5人に1人(25%)が花粉症の症状を発症していると言われています。花粉症の原因となる花粉の種類にはどんなものがあり、いつごろ症状が出てくるのか。花粉症の原因となる花粉の種類や時期(ピーク)などを紹介します。

花粉症の原因となる花粉の種類

花粉症の症状が出る花粉の種類は50~60種類以上に及んでいます。一般的に多く見られる花粉症の原因となる花粉の種類には以下のようなものがあります。

・スギ
・ヒノキ
・ブタクサ/オオブタクサ
・ヨモギ
・シラカバ
・ハンノキ
・カナムグラ
・オオアワガエリ      ・・・など

花粉の飛散時期

主な花粉の種類別の飛散時期は以下の通りです。
kahun-1.png

花粉の飛散時期は地域によって多少異なりますが上記の表の通り、春の時期だけでなくさまざまな種類の花粉が1年中飛んでいことになります。

ひどいムズムズにスッキリ緑茶

花粉症の症状

一般的によく聞かれる花粉症の症状はくしゃみや鼻水、目のかゆみなど。しかし花粉症の症状にはこのほかにも多くの症状が報告されています。主な症状とその他で報告されている症状には以下のようなものがあります。

・鼻の症状(くしゃみ・鼻水・鼻づまり)
・目の症状(かゆみ・充血・涙)
・頭痛
・咳・喉のかゆみ
・顔や体のほてり
・不眠
・倦怠感
・下痢や便秘
・発熱  ・・・など

花粉症の症状には発熱などが伴う場合があるため、風邪と勘違いすることがあります。また症状がひどくなると喘息などを発病する恐れもあるため注意が必要です。

花粉症と風邪の違いと見極め方

花粉症の症状は上記のように風邪に似た症状が出る場合があります。花粉症と風邪の症状の違いの見極め方とは??

鼻の症状

風邪の時の鼻水は粘度が強く少し黄色がかっているのが特徴ですが、花粉症の場合粘り気のない透明のサラっとした鼻水が出ます。またくしゃみや鼻づまりについても花粉症の方が風邪と比較するとひどい症状になることが多く、鼻づまりにいたっては両鼻が詰まって息苦しくなるという方も多く、不眠に繋がったりする可能性もあります。

目の症状

目の症状で比較してみると風邪の場合目のかゆみや涙などの症状が出ることはあまりありませんが、花粉症の場合かゆみや涙・充血などの症状がよくみられます。花粉症の時期になると花粉をガードするようなメガネやゴーグルが販売されているのを見ると一目瞭然ですね。私の

発熱や頭痛

発熱や頭痛は風邪でよく見られる症状ですね。花粉症の場合症状がひどい方に稀に出る場合があるようですが、それほど目立たない症状のようです。花粉症の方が頭痛を起こす原因は脳に送られるはずの酸素が鼻づまりによって不足してしまうことが原因とみられています。

最後に

花粉症の症状は風邪に似ていて、花粉症なのか風邪なのかの判断がつきにくい場合もあります。また、症状がひどくなると喘息やそれに伴う発作などを起こす場合もあるようです。毎年同じ時期にくしゃみや鼻づまり・目のかゆみなどの症状が出たら、花粉症のサインかもしれません。私もマスクが手放せないような花粉症患者です。これから辛い時期に突入しますが、みなさまなんとか乗り切りましょう。

関連記事

自分でできる花粉症の予防と対策

花粉症の改善と対処法

- スポンサードリンク -