ストレートネックとは~ストレートネックの原因と症状~

- スポンサードリンク -

スマホの普及に伴い症状の出る人が増えていると言われている『ストレートネック』。なぜスマホを操作しているだけでストレートネックになってしまうのか。ストレートネックになる原因と症状を調べてみました。

ストレートネックとは

正常な首の骨(頚椎)は、重い頭を首で支えるために少し前にカーブ(生理的前彎)して配列されています。それとは逆に、なにかしらの原因でそのカーブが減少していき首の骨(頚椎)がまっすぐになってしまう状態のことをストレートネックといいます。

ストレートネックになる原因

ストレートネックはパソコンを使ったデスクワークの人やスマホを長時間操作する人などはストレートネックになりやすいと言われています。なぜパソコンやスマホ操作によってストレートネックの症状があらわれるのか。

原因① パソコンでのデスクワーク

長時間座った状態でパソコンで作業をおこなったり顔を前に突き出すようにしてディスプレイを見たりすることで首の骨(頚椎)に負担がかかることが原因。頭を前に突き出してディスプレイを眺めると、自然に体も少し前かがみになって猫背になります。猫背の状態で首を前に突き出すことで姿勢が悪くなり、その状態で作業を続けることで首の骨(頚椎)の彎曲が減ってしまいストレートネックの原因となってしまうのです。

原因② スマホ操作

スマホの小さな画面に顔を近づけ細かい作業を長時間続けることで、パソコン同様姿勢が悪くなりストレートネックの症状が出やすくなります。首の前側には硬く伸びにくい筋肉があります。スマホ操作する時、首や肩・ひじを固定しようとして首の前側の筋肉には過度の緊張(過緊張)がかかってしまいます。筋肉の過緊張によって首が前に引っ張られる状態になり、その状態が長時間続くことで首の骨(頚椎)のアーチが崩れて彎曲が減り、ストレートネックになってしまうのです。

ストレートネックの症状

ストレートネックの症状にはさまざまなものがあります。一般的な症状としてよく聞くのは肩こりや首のハリ・手のしびれや頭痛。ここで留まってくれれば最悪まだいいですが、ストレートネックがひどくなるとそうはいきません。ストレートネックがひどくなるとその分症状もひどくなってしまいます。ストレートネックがひどくなるとあらわれる症状には以下のような症状もあります。

・めまいや吐き気
・耳鳴りや難聴
・不眠症
・まぶたの痙攣や視野の不明瞭
・寝違いが増える
・脳梗塞
・クモ膜下出血 
・自立神経失調症  など

まとめ

パソコンやスマホの普及増加に伴い、ストレートネックになってしまう人もどんどん増えています。ストレートネックは悪化すると一見ストレートネックとは結びつかないような症状まであらわれてしまうことがあります。ほったらかしにしていると悪化する一方です。上記のような症状が続いたり不安のあるかたは、日ごろの姿勢を気にする・スマホの使いすぎに注意してみる・病院でレントゲンを撮ってもらって正しい治療をおこなうなどしてストレートネックの改善をおこなってくださいね。

有名大学教授陣が検証済み。多くの整形外科医も警鐘する。最新のストレートネック枕

- スポンサードリンク -