寒暖差アレルギーとは~寒暖差アレルギーの症状と予防対策~

- スポンサードリンク -

最近よく耳にする【寒暖差アレルギー】。寒暖差アレルギーの特徴、またどんな症状が出てどのような予防・対策ができるのかをご紹介します。

寒暖差アレルギーとは

この季節(冬~春)にかけて、風邪もひいていないのにくしゃみや鼻水が出るなどということはありませんか??特に冬場などでは、昨日は気温が10度以上と暖かかったのに今日は10度を下回るなんてこともしばしば。そんな気温差(寒暖差)の激しい時期にくしゃみや鼻水など、風邪のような症状が出る事を【寒暖差アレルギー】といいます

寒暖差アレルギーの症状

【寒暖差アレルギー】は、以下のような症状が出る場合があります。

・鼻づまり→風邪の時とは違い鼻水が透明

・じんましん(皮膚のかゆみ)

・咳やくしゃみ(発熱しない)

・目のかゆみ→かゆみはあるが炎症(充血)がない

・食欲不振

・不眠、イライラする→温度差(寒暖差)による自立神経の乱れ

・頭痛

などなど

寒暖差アレルギーの特徴

暖かい場所から寒い場所へ移動した時・ラーメンのように温かい食べ物を食べた時などに咳込んだり鼻水が出る【寒暖差アレルギー】はアレルギー性鼻炎(ほこり・花粉症など)に似た症状が出ます。しかし耳鼻科などの病院でアレルギー検査をすると、寒暖差アレルギーの場合アレルギーの原因となる物質【アレルゲン】が特定できません。アレルギーの検査で原因物質のアレルゲンが特定されないのに上記のような症状がでる場合は、【寒暖差アレルギー】の疑いがあるということになります。また、このような症状が出ることを医学的に【血管運動性鼻炎】といいます。

寒暖差アレルギーは自律神経とも関係しています。自立神経とは体や心のバランスを整える神経。一般的に自律神経が対応できる温度差(気温差)は7度とされています。7度以上の温度差が生じる場合、鼻の粘膜が刺激されて毛細血管を広げむくむことでくしゃみが出たり、体温保持などの役割を果たす自律神経が温度差に対応できずアンバランスな状態となりイライラや不眠などの症状がでたりします。

寒暖差アレルギーになりやすいのは、男性よりも筋肉量の少ない(あまり運動をしていない)女性に症状が出ることが多いと言われています。

寒暖差アレルギーの予防・対策方法

花粉症の時期でもないのにくしゃみや鼻水が止まらないなどの症状が出て、アレルギー性鼻炎かな?寒暖差アレルギー(血管運動性鼻炎)かな?と自己判断がつかず不安な場合は、耳鼻科でアレルギー検査をしてみましょう。

寒暖差アレルギーになった時の対策

鼻などに寒暖差アレルギーの症状が現れた場合、アレルギー性の鼻炎なのか血管運動性鼻炎なのかを知るために耳鼻科を受診することをオススメします。しかし寒暖差アレルギーは、アレルギー検査をしても上記に書いたようにアレルギーの原因物質であるアレルゲンが特定されません。アレルギーという言葉が入っているものの実際にはアレルギー物質が特定されないため、寒暖差アレルギー専用の薬があるというわけではありません。有効な治療法とされているのはアレルギー性鼻炎と同じ抗ヒスタミン薬や点鼻薬となります。

寒暖差アレルギーの予防

寒暖差アレルギーは字のごとく温度差(気温差)が関係しています。以下のように日常生活に少し気を使うことで寒暖差アレルギーの予防につながります。

・暖かい場所から寒い場所にいく時、マスクをつける

・温度によって上着などを着脱して温度差を減らす

・日ごろから運動することを心がけ、筋肉量を増やして血行を改善し冷え性などを予防する

・ぬるめのお湯でゆっくり入浴するなどして、自立神経を整える

・ニンニクやしょうがなどの保温効果が高いと言われる食材をたべて食生活を見直す

寒暖差アレルギーに悩んでいる方が増えてきているようです。寒暖差アレルギーの原因である温度差はマスクの装着や衣服を1枚多く羽織って外出するなど少しの工夫で予防できるかもしれません。そのような予防対策をきっちりおこなって、寒暖差アレルギーの原因である温度差を抑え鼻づまりやかゆみなどに悩まされない日々を過ごしましょう。

- スポンサードリンク -