クチコミで話題~ギシギシきしまないノンシリコンシャンプー~

- スポンサードリンク -

最近のシャンプーの流行といえば【ノンシリコンシャンプー】。ドラッグストアなどではさまざまな種類のノンシリコンシャンプーが数多く販売されています。数が多過ぎて、どのノンシリコンシャンプーにすればいいのか・・・と悩んでしまうほど。私もどんなノンシリコンシャンプーがいいのか分からず、有名どころを購入していました。

ノンシリコンシャンプーとは

その名の通り成分にシリコンが入っていないシャンプー従来のシャンプーには、ほとんどの商品にシリコンが含まれていました。従来のシャンプーの成分にシリコンが含まれている理由として、髪の毛のツヤ出しや手触り感アップ、しっとりまとめるなどさまざまな効果があるとされています。シリコン配合のシャンプーは毛髪にシリコンの膜を張った状態になります。洗い流しが不十分だと頭皮の毛穴にシリコンがつまるなど薄毛や抜け毛の原因になると言われています。また、毛髪に張られたシリコンの膜が栄養分をはじき返してしまうのです。そこで登場したのがシリコン成分が配合されていない【ノンシリコンシャンプー】。

ノンシリコンシャンプーの特徴

シリコン成分が配合されていないノンシリコンシャンプー。従来のシリコン配合シャンプーとどのような違いがあるのか。

まず、毛髪にシリコンの膜が張らず、トリートメント成分が浸透しやすくなります栄養成分が毛髪に浸透しやすくなると髪の毛が健康毛になり、ハリやコシが出やすくなりますまた、シリコンが毛穴につまる心配がなく、地肌を健康に保つことができます。ノンシリコンシャンプーを使用することで毛穴にシリコンがつまるのを防ぎ頭皮のベタつきを防ぐことでフケやかゆみの原因も排除することができます。

しかしノンシリコンシャンプーをしばらく使い続けていると髪の毛にある現象が・・・。ん?なんだか髪の毛がきしんでギシギシしてきてる!?

ノンシリコンシャンプーを選ぶときの注意点

頭皮や毛髪に栄養分が行き届き健康毛を保つといわれているノンシリコンシャンプー。しかしノンシリコシャンプーが流行っているからと適当に選んで髪の毛がギシギシに・・・。自分だけなのかなと思い、知人に聞いてみるも『私もノンシリコンシャンプーを使うと髪の毛がきしんできたから、トリートメントを併用している』と。その後はダメージを補修するようなノンシリコンシャンプーを選んで購入してみましたが、ギシギシにきしんだ髪の毛は一向に改善せずなんならさらにきしみが酷くなってしまいまいた。その原因は、ある成分にあるようです。

それはラウレス硫酸(ラウリル硫酸)

ラウレス(ラウリル)硫酸とは洗浄成分のことで、強力な洗剤に配合されていたりします。それらの強力な洗浄成分が配合されているノンシリコンシャンプーを使用すると頭皮の皮脂を取り過ぎたり毛髪の乾燥の原因となり髪の毛がギシギシにきしんでしまいます。きしまないノンシリコンシャンプーを選ぶには、ボトルやパッケージ裏などの成分表にラウレス(ラウリル)硫酸と記載されているものはなるべく避けたほうがよさそうです。きしまないノンシリコンシャンプーを購入する際は、アミノ酸系やベタイン系と呼ばれる洗浄成分を使用している商品を選ぶのがいいとされています。

おすすめノンシリコンシャンプー『守り髪』

日常の生活でシャンプーはほぼ毎日使用するもの。薄毛や乾燥、きしみを防ぎケアしながら健康毛を保ちたいものです。そこでおすすめのシャンプーをひとつ。その名も『守り髪』。きしみの原因となる強力な洗浄成分は配合されておらずアミノ系洗浄成分のしっとりとしたきめ細かな泡で、きしまず手触りのいい洗い上がり仕上げのコンディショナーは髪の内側まで栄養分がたっぷり。アンティークローズの香りでバスタイムが華やかになります。切れ毛やパサつきハリやコシを改善し、髪のお悩みを補修してみずみずしい印象へ。【守り髪】は美容師が自信をもって推薦しているノンシリコンシャンプーです。

プロ直伝 守り髪でヘアケアする方法

① 髪の毛のほこりやほつれを取るために、軽くブラッシング。
② すすぎは地肌まで水がいき渡るように、ぬるま湯でしっかりと。
③ ノンシリコンシャンプー『守り髪』をよく泡立て、指の腹で爪をたてないように優しくマッサージするように洗う。
④ 洗う時間の2倍を目安に、たっぷりのお湯でしっかりとすすぐ。
⑤ 毛先を中心にトリートメントをなじませ、3~5分放置。
⑥ 地肌にトリートメントが残らないようにしっかりとすすいだらタオ

ドライで水気をとり根元からしっかりと風を入れるようにドライヤーで一気に乾かす。

人気ヘアサロンがプロデュース!ケラスターゼ等サロン専売品の格安通販サイト【Kiranavi(キラナビ)】

- スポンサードリンク -