スティック型PCとは

- スポンサードリンク -

スティックPCとは

スティック型PCとは、HDMI端子のあるテレビやディスプレイに接続することができる手のひらサイズのスティック型のパソコンテレビ画面やディスプレイに接続する事で、大画面パソコンに早変わりします。今回は、そんなスティック型PCの中からDiginnos Stick DG-STK1にスポットをあててご紹介します。

スティック型PC Diginnos Stick DG-STK1

stick_pc-2.png

【基本構成】
OS        Windows10搭載

CPU       インテル Atom Z3735F(クアッドコア/定格1.33GHz/キャッシュ2MB)

グラフィック   インテル HDグラフィックス(CPU内臓)でメモリは2GB DDR3L

ストレージ    32GB eMMC

【特徴】
11cm(てのひらサイズ)

USB端子2ポート搭載

メタルボディ仕様

放熱性抜群で長時間動作も安心

ファンレスで無音動作

【付属品】
HDMI延長ケーブル

microUSB→USB変換ケーブル

USB-AC変換アダプター&ケーブル

スティック型PC(Diginnos Stick DG-STK1)で出来ること

【大画面で楽しむ】
stick_pc-3.png
スティック型PCをHDMI端子のあるテレビやディスプレイに接続することで、動画サイトの豊富なコンテンツや、ノベルゲームブラウザゲームを大画面で楽しむことができます。

【ホームサーバーとして活用】
大容量のmicroSDをセットすれば、超小型のホームサーバーとして活用できます。また、スティック型PCの消費電力はわずか数Wのため、超省電力で使用できます。

【超大型タブレットに変身!】
stick_pc-5.png

タッチ対応モニターと組み合わせることで、超大型のタブレットに早変わり。
タッチ操作で大画面のパソコンを楽しむことができます。その他にも、スティック型PCはケーブルを接続する必要がないためHDMI端子のあるプロジェクターやモニターにスティック型PCを直接接続して会議やイベントなどで活用したりもできます。

スマホなどもどんどん薄くて小さく、軽くなっていく世の中。PCまでもがこんなに小さくなるとは、今後どうなっていくのか・・・という感じですね。

- スポンサードリンク -