iPhone6s~最新 iPhone6s・6sプラス~

- スポンサードリンク -

iPhone6s/6sプラス2015年9月25日発売開始。9月12日より、予約販売がスタートしました。

iphone-3.png
ぞくぞくと登場するiPhoneシリーズ。最新iPhone6sはどのような性能・機能を持ち、デザインや性能がどのくらい進化しているのか。気になるiPhone6sのスペックや機能、前作との違いなどをご紹介します。

データ使い放題★スマモバ

iPhone6s/6sプラス~サイズと重量~

新型iPhone6s/6sプラスのサイズや重量は、前作iPhone6とほぼ変わりありません。iPhone6s/6sプラスのたて・横・厚みは、0,1ミリ程度小さくなったくらいで、重量は20gほど増えています。

iPhone6sのサイズ(重量143g)

6s-1.png

iPhone6sプラスのサイズ(重量192g)

6s-2.png
ディスプレイのサイズはiPhone6sが4.7インチ6sプラスが5.5インチ前作iPhone6と同じ大きさのRetina HDディスプレイ搭載。カラーはそれぞれ、シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ローズゴールド容量もそれぞれ16G・64G・128G解像度は6sが1,334×7506sプラスが1,920×1,080となっています。

TPU素材のソフトケースだから割れない!

3D Touch搭載

新作iPhone6s/6sプラスのディスプレイには前作には無かった新機能・3D touch搭載3D Touchとは、ディスプレイに加えた圧力の大きさをiPhoneが感知3D Touchを使用するとiPhone自体がかすかなタップを返してきます目で見るだけではなく、体で感じることが出来るようになりました

PeekとPop

3D Touch搭載で、タップ・スワイプ・ピンチの操作方法の他に今回新しくプレス(押し込む)の圧力で操作できるようになったiPhone6s/6sプラス。ディスプレイをプレスする(押し込む)圧力によって、開きたいコンテンツを圧力だけで操作できコンテンツを開くことなくプレビューできます。ウェブサイトにアクセスする前に軽くプレスすることで実際にSafariで見るのと同じように、Peekでページの上部を見ることが可能。その先を詳しく見たい場合は、深めにプレスするとPopで詳細を見ることができ圧力を使い分けて見たい情報を選び、選択できます。

6s-3.png

またEメールに関しても、一覧画面でメールを開く前に軽くプレスすることでPeekで本文の内容を確認することもできます。短文のメールなどであれば、Peekで十分に内容が分かるのでプレスをやめればそのまま受信一覧に戻ることができます。

6s-4.png

その他にも、写真を撮っている最中に撮影し終わった写真を確認することができたり住所をプレスしながら地図を表示することが出来たりと、機能は豊富。iPhone6s/6sプラスでは、いままでのiPhoneには無かったさまざまな機能を使うことができるようになりました。

iSightカメラ

写真と本来その一瞬を切り取るものですが、iSightカメラのLive Photosでは撮った一瞬の前後の瞬間も撮影する事ができます。前後の瞬間も撮影することが出来るので、動きとサウンドも一緒にとらえる事が可能。ほんの少しの時間ですが、Live Photosでは写真を撮ったその瞬間の動きとサウンド・情景がよみがえります

4Kビデオ iOSのためのiMovie

iPhone6sでは800px以上の解像度で4Kビデオの撮影が可能。その解像度はなんとHDの4倍iMovieを使って、4Kビデオで撮影した動画は共有も出来るので、撮影した動画で映画製作も可能。動画を編集してYoutubeなどの動画サイトやsnsなどにアップすることもできます。iMovieを使用するにはダウンロードが必要です。

iMovieのダウンロードはコチラから

9月12日から予約販売が開始した、9月25日発売のiPhone6s/6sプラスには書き切れないほど多彩な機能が搭載されています。カバーガラスは強化され、どのスマホよりも強く丈夫になりました。筐体は航空宇宙産業で使用されているものと同じグレードの7000シリーズアルミニウムの新しいアロイを採用極めて高度な指紋センサーで、セキュリティーも万全です。

iPhone6s/6sプラスの予約はこちらから
6s-6.png(Apple)

- スポンサードリンク -