LINE MALL~出品商品の写真の撮り方~

- スポンサードリンク -


LINEフリマアプリ『LINE MALL』に商品を出品する際の

「写真の撮り方」

についてアイテム別にご紹介します。


①洋服・シーンズ類の写真の撮り方

②アクセサリー類の写真の撮り方

③ケース付きの小物類の写真の撮り方

④ブランド品類の写真の撮り方

⑤商品写真の撮り方・まとめ



~①洋服・ジーンズ類の写真の撮り方~

「背景は白や黒などシンプルに」

洋服などを撮影する場合、洋服を

ハンガーに吊るし、白い壁をバック

に撮影しましょう。


フラッシュを使うとのっぺりとした写真に仕上がり、

商品の良さが伝わりにくくなる場合があります。


雰囲気をもたせるために、

逆光や窓際

での撮影も、商品によってはいい感じに仕上がります。

fhoto-1.png fhoto-2.png


ジーンズなどの撮影をする場合も

白い布を敷いた上に撮影する商品を置き、

色合いやファスナーなどの付属部分などを撮影すると

購入する側にもどんな商品なのかがわかりやすい写真になります。

fhoto-3.png fhoto-4.png



~②アクセサリー類の写真の撮り方~

アクセサリー類などの小物は

白い紙などを敷いて写真を撮ります。


背景に柄などが入っていると、そちらに視線をとられ

商品が際立たなくなってしまいます。


また、宝石などがついたような

光り物のアクセサリー類の写真を撮る場合は、

黒い布を敷くことで

高級感を出すこともできます。

fhoto-5.png fhoto-6.png



~③ケース付きの小物類の写真の撮り方~

小物やアクセサリー類を、ケース付きで出品する場合は

ケースも含めた全体の写真を撮るようにしましょう。


そうすることで、商品の印象もあがり

出品商品の魅力がアップします。


ネックレスなども長さがわかるように

なるべく伸ばした状態で撮影するなどして、

商品がわかりやすい写真に仕上がるようにしましょう。


ケース付き商品の写真を撮るときも、商品によって

白や黒のシンプルな布や紙を敷いての撮影がオススメです。

fhoto-7.png fhoto-8.png



~④ブランド品類の写真の撮り方~

ブランド品の写真を撮影する場合は

ブランドロゴが見える・確認できる写真に仕上げた方が

商品への信頼度が高まります。


こちらも撮影する商品に合わせて

背景にシンプルなものを持ってきましょう。


商品をアップで撮影した写真を使えば、

商品の質感や素材が購入者側に伝わりやすくなって

いい印象が持てます。


光の当たり方なども工夫して撮影してみましょう。

fhoto-9.png fhoto-10.png



~⑤商品写真の撮り方・まとめ~

・商品にしっかり目がいくように、背景はシンプルにしましょう。


・商品写真を撮影する際は、

 昼間の明るいお部屋で撮影するようにしましょう。


・フラッシュをつかって撮影すると、

 ノッペリとした印象になる場合があるので

 なるべく自然光で撮るようにしましょう。


・掲載写真の掲載は10枚まで可能です。

 トラブルを防ぐためにも、傷や汚れがある場合は

 それらの詳細もきちんと撮影し、掲載しましょう。



商品の写真は、購入者が唯一商品を確認できる物。

傷や汚れがある場合、それを理解して購入していただくようにしなければなりません。

ズームで撮ったり商品全体を撮ったり・・・

いろんな角度から商品を撮影し、気持ちのいい取引ができるよう

出品商品の写真撮影をしましょう。

(写真などLINE MALLより引用)

- スポンサードリンク -