LINE MALL~電化製品(壊れやすい物)の梱包方法~

- スポンサードリンク -


LINE MALL(ラインモール)で出品した家電などの電化製品や壊れやすい商品を発送する際の梱包方法をご紹介します。

電化製品(壊れやすいもの)の梱包で必要なもの

●エアキャップ(プチプチ)
●緩衝材
●ダンボール
●紙袋
●ガムテープ

タブレット・パソコン類の梱包方法

精密機器であるタブレットやパソコンなどを発送する際は緩衝材を使用して発送する必要があります。壊れやすいものを、配送中の衝撃などから守るため緩衝材がクッションの役割を果たし、発送する商品の破損などを防ぎます。

●まず、発送するタブレットやPCなどの電化商品をエアキャップ(プチプチ)で包みます。
pc-1.png

●商品が入る大きさのダンボールを用意しあらかじめ緩衝材を敷き詰めておきます。
pc-2.png

緩衝材を敷き詰めたダンボールにエアキャップで包んだ商品を入れます。
pc-3.png
商品とダンボールの間に隙間が出来ないようにサイドにも緩衝材入れて隙間をなくします。隙間がないのを確認したら、ガムテープで封をして発送準備が完了です。

壊れやすい物 ① 食器類などの梱包方法

食器などの壊れやすい商品も同様、配送中に商品が破損してしまわないようにしっかりとした梱包が必要です。

●発送する食器類などはエアキャップ(プチプチ)でしっかり包みます。
pc-4.png

●商品が入る大きさのダンボールを用意し商品とダンボールの間に隙間ができないよう緩衝材を敷き詰め、その上に商品を入れます。
pc-5.png

隙間が無いのを確認し、ガムテープで封をして梱包が完了します。

壊れやすい物 ② CD・DVDなどの梱包方法

●CD・DVDなどを発送する際は、発送する商品をエアキャップ(プチプチ)で包みます。
pc-6.png


●クロネコメール便で発送する場合は商品が入るサイズのお好きな封筒に入れコンビにから発送が可能です。
pc-7.png

まとめ

電子機器や食器類、CD・DVDなど、衝撃を与えると破損する恐れのある商品はしっかりとした梱包方法で商品を発送しなければなりません。不十分な梱包で商品を発送すると、購入してくださった方に商品が届いたときに「商品が壊れていた」「破損・変形していて使えない」などの問題も生じてきます。LINE MALLは、発送される商品の一部紛失や破損によるトラブルや損害賠償などには応じられません。購入してくださった方とトラブルにならないよう気持ちのいい取引を行いたいですよね。発送する商品に合った梱包方法で取引を行いましょう。

関連記事

衣類の梱包方法

バッグ・靴・アクセサリーの梱包方法

- スポンサードリンク -