自作LINEスタンプ~売れるスタンプを作るコツとは?~

- スポンサードリンク -


クリエイターが自作スタンプ作りで工夫していることの中で

「使いやすい」スタンプを作成するという意見が多いようです。

確かに、『このスタンプどこで使うの??』って思っちゃうスタンプでは、使い道もみえません。

そうなれば、売り上げにもつながりません。

トークで使いやすい内容のスタンプを作成するよう意識してみましょう。

また、イラストの表情や動きを大げさに描くことや

スタンプ内のテキストを日常会話で使いやすいものにするという意見も多かったようです。

「おはよう」「おやすみ」などの挨拶のスタンプなどは

使用頻度も高く、日常会話に使いやすいです。

point_b-3.png    point_b-4.png

表情や動きに関しては、「悲しい顔」「笑ってる顔」など

表情を見ただけで喜怒哀楽が分かるスタンプも結構重宝しますよね。


そういうポイントを意識して自作スタンプを作成することが、売り上げにつながるコツになるようです。

point_b-1.png
                            (LINE公式ブログより)

また、スマホやタブレットのお絵かきアプリや手書きなどで

気軽にスタンプ作成に励んでいるクリエイターさんも多くいます。

「スタンプを描けるようなソフトがない」という理由で

自作スタンプの作成をあきらめている方も多くいるようです。


初心者の私自身も、はじめの何作品かはiPadでお絵かきアプリをダウンロードして、

自作LINEスタンプを作成していました。手書きには手書きのいいところがあるはず。

多少のスタンプ作成環境は必要ですが、使いやすい内容・テキストのスタンプを意識して作成してみましょう。


LINEスタンプのクリエイターになる前に、クリエイターの経験がある人は約半数。

と同時に、私と同じようにいちから始めた初心者クリエイターも半分。

クリエイターの経験がない人・初心者さんも、たくさんチャレンジしています。

point_b-2.png
                          (LINE公式ブログより)

自分のスタンプを気にいってくれる人がいれば購入にもつながります。

自作LINEスタンプの作成をあきらめていた方も、チャレンジしてみては??

- スポンサードリンク -