LINEスタンプ ~スタンプ画像の作成①~

- スポンサードリンク -

LINEクリエイターズスタンプの申請に必要なスタンプ画像は全部で40種。

自作LINEスタンプの作成を開始するとき
『何から始めたらいいんだろう・・・』
となかなか手が動きませんよね。

ただたんに絵を描き始めても
ノープランだと、すぐに壁へぶち当たってしまいます。

数枚スタンプ画像を作ったあたりでネタぎれに・・・。
私もどうしていいか分からず頭を抱えていました。

そんなことにならないように
LINEスタンプの画像を作る前にやっておけば
作業がスムーズに進む、下準備的なことをご紹介しようかと思います。

①ターゲットを絞る

たとえば・・・

・女性向け
・男性向け
・子供
・職業(学生・OL・サラリーマンなど)
・趣味

などなど、どんな層の方をターゲットにするかを決める。

②テーマ・カテゴリーを考える

ターゲットを決めたら、

・かわいい系
・面白い系
・ゆるい系
・キモい系
・うざい系
・動物系

などなど
ターゲットの方々のニーズ、
どんなイメージの物やキャラクターが合うのかを考え
テーマ・カテゴリーを決定。

③文言

文字の入ったスタンプを作るなら、

・あいさつ
・感情
・相づち
・擬音

などをテキストに書き出しておくと、のちのち
『他になにがあったかな』
と行き詰ることも少なくなると思います。


ここで、わたくしnisu-niso自作のLINEクリエイターズスタンプで例を紹介。

たとえば
・ターゲット→女性
・かわいい系(動物)
・あいさつ
で作成してみると


02.pngのサムネイル画像

こんな感じに仕上がります。

もともとイラストなどが上手な方は描き方・表現の仕方も手馴れたもの。

ですが、絵が下手な私・・・・、
LINEスタンプを作成する際に動きや表現の描き方が分からないときは、
『またね 画像』と画像検索してみたり
他のクリエイターさんのスタンプを参考にしたりしています。

そうすると
「こんな表現の仕方があるんだぁ」「こうやって描けばいいんだぁ」
とすごく勉強になって、制作意欲が沸いてきます。

どんな方々につかってもらいたいか(ターゲット)
そのターゲットの方は、どんなスタンプを求めているか(テーマ・カテゴリー)
どんな会話がよく使われているか(文言)

をあらかじめ決めておけば、途中で路線変更しちゃうこともなく

統一感のあるクリエイターズスタンプに仕上がるんじゃないかなと思います。

- スポンサードリンク -