自作LINEスタンプ~タイトルについて~

- スポンサードリンク -

LINEクリエイタースタンプを販売するにあたって

Creators Marketのスタンプ登録画面でタイトルを登録する際、

「どんなタイトルにするか」

ということも重要な事に気が付きました。


たとえば・・・

『猫』をモチーフにした自作スタンプを作成したとします。

猫の名前をミケと仮定し、タイトルを

『ミケの日常』

と登録するのと

『猫のミケの日常』

と登録するのとでは、どちらが検索されやすいか。


自分自身も含め、LINEスタンプを検索する時

「ミケ」

と検索する可能性はかなり低いですよね。

逆に、

「猫」

と検索されるほうが、断然多いです。


渾身の自作スタンプが出来上がっても、

検索され見つけてもらえない限り売れるチャンスを逃してしまいます。

実際、リリース中スタンプの売り上げで比較してみても

「ペンギン」
「カッパ」

などのワードをつけたタイトルのスタンプは

検索されやすい為か、

少しずつですが売り上げも伸びています。

しかし、検索されにくいタイトルで登録・リリースしてしまったスタンプは

なかなか売り上げに繋がりにくくなっています。


体験してみないと気付かない事でしたが、スタンプの売れ行きを考えると

スタンプ自体のクオリティーうんぬんよりも

まず、タイトルってかなり重要だなぁと思いました。


また、例であげた

『猫』

などのワードが入ったタイトルは人気が高い!!

そのため、スタンプを検索する際

『猫』

と検索すると、多くのスタンプが検索結果にあがってきます。

そうなると

人気のあるワードでタイトルをつけても、

今度は登録されてる数が多すぎて

自分のスタンプにたどり着いてもらえない・・・

という状況になってしまいます。


こうなってくると、タイトルを決めるのもホントに難しいですよね。

ただただ

『猫』

とタイトルを付けるより

『黒猫』や『三毛猫』

などの細かなワード選びで、

ピンポイントな集客を試みるのも

売り上げにつなげるひとつの手かもしれませんね。

- スポンサードリンク -